tatebashiri.cocolog-nifty.com > DAC63-4D

Dsc_1422_1

Dsc_1422_1

真空管バッファは以前作成したものと同じ回路で再度作成。
テクニカルサンヨーで迷った末、カップリング:SOLEN・カソード電解:SILMICを買ってしまった。
# SILMICは「カソードフォロワに最適!」という売り文句に誘惑されてしまった。
# SILMICってエージングに時間掛かるかなぁ・・・
本当はもう少し安くて小型の部品にするつもりだったのだが、幸いケーシングも大丈夫そうだ。

B電圧155VでWE396A/5670系と6922/6N1P系を差し替えて聴く予定。
高耐圧の6922/6N1Pは本来もう少し高い電圧掛けた方が良いのかな?
電圧のせいもあってか暫定一位はWE396Aとなっている。
# WE396Aは一番高価だったので、値段のプラセボ効果も否定できない (^^;
ツェナー変更・B電圧下げて6DJ8/7DJ8も聞いてみたいが、ちょっと先になりそうだ。

こんな感じで10pinソケット経由にしておくと球の差し替えがかなり楽だ。