Nikon 1 V1/S1

2014年9月22日 (月)

22/Sep.

連休中日だが、次女体育大会のため京セラドームへ。
撮影機材はNikon 1 V1+30-100mm、動画モードを主に使った。動画撮りながら20枚限定だが静止画も撮れるのは素晴らしい。が、ドーム内結構薄暗く静止画ブレ易い。

2014年5月21日 (水)

'14 May 京セラドーム大阪

会社帰りに阪神-オリックス戦を観てきた。
取り敢えず、通勤鞄 脇ポケットにNikon 1 S1と10mmと30-110mmを納めてみた。本体もレンズも本当にコンパクトなので携帯に便利である。
試合内容そっちのけで望遠110mm[300mm相当]で、三塁シートなので左打者の打席狙ってみる。どうもピン来てないと想ったら、手前のファールネットに合焦するようだ。やむなくマニュアルモードに切り替える。フォーカスは鏡筒じゃなく本体ダイヤルでやるらしい。×10だと3000mm相当!なので手持ちではグラグラして合焦どころでない。

フォーカスに反してレスポンスは かなり優秀ぽい。数枚撮っただけだが打球にタイミング合わせられた。

Dsc_0180_1280x859

ISO3200で10mm試す。常時 通勤鞄に突っ込んでおけるカメラとしては充分すぎる。

Dsc_0181_1280x859

2014年5月15日 (木)

Nikon 1 S2

予想に反して(笑、Nikon 1エントリーモデルS2が発表になった。
S1より更に丸っぽくなってるかも。イエローが意表ついた色で面白いが、標準ズームセットのみ発売らしい。
ところで、クリエイティブなんとかって実際に使う人いるのかな?PCでPhotoshop編集の方が何倍も捗ると想うのだが。
スペック興味ないが、更に画素数上げたのは残念だ。

Kyd_652521_op_yellow_nikon1s2_03

2014年4月30日 (水)

Nikon 1 S1(2)

取り敢えず試写してみる。クリエイティブモードにしないと細かいセットアップすら出来ないのはちょっと戸惑う。”夜景”モードを試してみる。細かいことはマニュアルにも書いてないが、どうやら

  1. 最高感度ISO6400
  2. レンズ開放値
  3. Jpegのみ
  4. 数枚撮影してHDR合成
の一連の動作行なってるぽい。
会社帰りに御堂筋を南下しながら撮ってみる。以下の写真はPhotoeditorでリサイズのみ行った。

Dsc_0123_1

道路脇のブロンズモニュメント。足元の照明のお蔭で結構 様になってしまう。

Dsc_0131_1

ラ・ポルト心斎橋[旧ソニービル]。派手なイルミネーションが手前の白いタクシーに映り込むのも面白い。
思った程ノイズも目立たないし手軽に撮れるし、結構使えるかも。
S1+10mm 嵩張らないので通勤鞄に常駐かな。

2014年4月26日 (土)

Nikon 1 S1

発売は2013年2月、初値がボディのみ\50Kだった。先日ディスコンになったらしい。
Nikon 1シリーズ末弟[妹?]的位置付けで、直接の後継機種も設定されていない。小型ボディ+シンプルな操作系+ローパスフィルターレスというスペックに発売時から注目していた。予想通り不人気で値段も安い。未使用に近い中古+予備バッテリーを\10K+で入手した。
実物は かなり小さい。コンデジP300とほぼ同じ大きさだ。両脇の吊り金具にちゃんと△カン憑いてるのが本格ぽい印象。P300の吊り金具は右側中央のみ。だが邪魔にならないように△カン外して右側のみハンドストラップ着ける予定。

Cm140422124437002


仕様は 102x60.5x29.7 mm:197 g
以前から小さくて良いなぁ、と想ってた LUMIX DMC-GM1Kが 98.5x54.9x30.4 mm:173 g なので僅かに大きく重いが 大差ない。根性無しなので無難な白にしてしまったが、むしろS1の派手目ピンクに魅せられてたのは秘密だ。
以前のディスコン祭りで確保していたV1+薄型広角10mm/F2.8をデスクから引っ張り出して、S1に10mm装着してみる。V1より随分小型なのが分かる。
うむ。なかなか良さげ。でも20mmほど突出するので、Nikon様にはOlympusみたいな薄型ボディキャップレンズ所望。出来れば魚眼も欲しいなぁ。

Cm140422124600004_2