« Sound of GANTZ | トップページ | WHITE ALBUM2 O.S.T. »

2014年6月27日 (金)

Blue Ever Blue Mercury Model 878

今日発売、とのことで うっかり買ってしまった。
前モデルの868BMが たった\4Kだが高域伸びた繊細な音で気に入ってしまったので、 どう変化してるか興味あったし。
会社帰りに日本橋のe☆イヤホンに立ち寄る。前回は868BMを視聴させてもらって購入した。
今回も頼んだら快く視聴させて貰えた。
閉店間際で短い時間しか聴けなかったが少なくとも868BMよりパワフルに感じたので取り敢えず即決でMercury Model 878 シルバー×シルバーを\6,930で購入。
まだ二時間ほどしか聴いてないが傾向は分かってきた。

  1. かなり中音域パワフル
    ボーカル向けとの前評判だが、むしろ868BMの高域繊細さそのままに 中低域迫力プラスした印象
    ドラムのチューニング下げた、あるいはチェロがコントラバスぽく聴こえる感じ
  2. 音源やイヤーチップの変化に敏感
    使い慣れたCOMPLY-T500付属してたので交換したが、高域死んであまりの糞音に絶望した
    音源のニュアンス分かりやすいのも痛し痒し

もう何日かで もう少し印象変わるかもしれないが、868Bと音の傾向違うのは間違いない。
低域出過ぎで100Hz:-3dBほどイコライジングしてるのは共通だが。

L_ts_beb03

« Sound of GANTZ | トップページ | WHITE ALBUM2 O.S.T. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Sound of GANTZ | トップページ | WHITE ALBUM2 O.S.T. »