« 富永病院(4) | トップページ | 富永病院(6) »

2013年12月11日 (水)

富永病院(5)

いつも通りの目覚め。すっかり入院生活にも慣れてしまった。
点滴は今朝で最後。やっと束縛されない日常となる。
昼から冠動脈造影検査。検査1時間前にセロケン[βブロッカ] 服用したが脈拍が下がらず、直前にコアベータ静注される。続いて造影剤静注され、無事検査終了、多分3D-CTと想われ。
後で調べるとコアベータって”CTによる冠動脈造影における高心拍数時の冠動脈描出能の改善”が効能効果の無茶苦茶ニッチなβブロッカーだった。こんな薬剤も在るんだなぁ、と感心しきり。
午後のリハビリ、トランプ渡されたのでリフルシャッフル試してみる。・・親指は障害ないので楽勝だった。幾つかメニューこなしたが、追加で小さいワッシャーを右手親指/薬指/小指だけで裏表回転させる事に熱中する。 気付くと1hr以上経過。



« 富永病院(4) | トップページ | 富永病院(6) »