« '13/11/17 | トップページ | '13/11/19 »

2013年11月18日 (月)

Technics SE-9060II (1)

リファインプラン策定中。回路図は9060がラジオ技術誌 1976年1月号に掲載されているらしく這い這い堂に映像あった。大凡の構成分かる・・・9060IIは随分複雑になっている。まず左側初段基板を外して見てみる。

  1. 初段は差動デュアルFET NECμPA63
  2. Tr は2SA722/2SC1328、2SA921/2SC1980と2SA914/2SC1953と松下オンパレード
  3. ダイオードが3本、全て種類違う?
  4. 抵抗は何故か炭素と金皮が半々
  5. セラミックが3個、電解も松下製

セラミックと電解と1/2W抵抗を交換かな?
デュアルFETは入手面倒なのでそのまま使うとして、Trとダイオードを交換するか迷いどころ。をっと、デュアルFETを6111WAに交換する荒業もあった(笑

電力段

  1. Trは2SA720/2SC1318
  2. 三段ダーリントン、一段目2SA818/2SC1628と二段目2SA913/2SC1913
  3. 相変らずセラミック多し。少ない値ばかりで揃うのは東信ポリプロピレンかなぁ
  4. デカい電解は18,000μFと弩級、見なれないダイオードブリッジ

« '13/11/17 | トップページ | '13/11/19 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29154/53965115

この記事へのトラックバック一覧です: Technics SE-9060II (1):

« '13/11/17 | トップページ | '13/11/19 »