« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

AMCRON Micro-Tech 601

病膏肓に入り、メンテ予定のアンプ複数あるのに また中古アンプを入手してしまった。
といってもコストは同じCROWN D75A の半値程度だった。

どうやら後継機がMacro-TechらしくGoogle検索すると勝手に変更されるのがウザい。

Crownディスコン機種のマニュアルや回路図は こちら
オペレーションマニュアルは2004年付けなので最近まで生産されていたらしい。
困ったことに回路図が三世代ある&最新の回路図が滲んで読みにくい。入力の三段階感度切替あるしニ世代目なら良いのだが。

さて、実機は酷使されたらしく酷い状態、そこはかとなく煙草臭いし。フロントパネルとサイドパネルの継ぎ目が両側裂けてフロントパネルが浮いてる。まあ外見と音は無関係なのでスルー。

一応動作するはずなのでAC繋いでスイッチON。ACプラグも邪魔だったのかアース極抜いてある。
噂通り冷却ファン結構五月蝿い。静音ファンに交換するか、分圧して回転数下げるかするとしよう。
出力オフセットは1mv以下で問題なさそうだ。

入力フォーンプラグ繋いで出力をNS-1000 Monitorとする。入力レベルツマミ固着してるがなんとか回せる。
一聴、なかなか素晴らしい音。特に低域が制動効いててダブつかない。高域も自然に伸びてて、なにより全域で躍動感がある。PA用巨大スピーカー駆動するのに比べれば、30cmブックシャルフなど赤子の腕捻るレベルかと。
暫く聴いていると、電源の7815/7915の粗い雰囲気が支配的に感じてくる。なんとなくRL-2Zと松下2SB941/2SD1266で電源組めば潤うのではないかと予想。

2013年11月29日 (金)

'13/11/29

  1. 革命機ヴァルヴレイヴ:#20
    非難決議
    秘密の露呈
  2. キルラキル:#09
    四天王

2013年11月28日 (木)

'13/11/28

  1. IS2:#08
    簪の専用機
  2. 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している:#08
    初めての三択
    新手のシチュエーションプレイ

2013年11月27日 (水)

バンブーブレード OST/OST2

フライングドッグのアニメOST検索してて未見だけど購入。
一聴して驚いた。敢えて表現すると”和風フリージャズ”!

作曲はパーカショニストの仙波清彦氏。流石の重鎮ぽく参加ミュージシャンが豪華。特に妙にアタック感 希薄なバカボン鈴木氏のスティックベースがメロディアスで良い。
二枚に10分超の曲が計三曲含まれるのも やはり異例と想う。1-3:FLASHが特に好き。

マスタリングはFLAIR内田孝弘氏。音質評価は65点位か。

 

2013年11月26日 (火)

'13/11/26

  1. アウトブレイク・カンパニー:#08
    引き篭もりのエキスパート
  2. 機巧少女は傷つかない:#08
    エロナース

2013年11月25日 (月)

ガールズ & パンツァー OST

可愛い女子+ミリタリーで大ヒット。久し振りに本屋覗くとミリ系雑誌 殆ど制覇されていて吃驚。

音楽:浜口史郎氏。マーチ風の作曲に苦労されたらしいが、マーチ王スーザやボギー大佐ぽいリフあったりと とにかく明るい曲調が楽しい。

マスタリングは下重修氏。あんこう音頭やらマーチやら打ち込みやらバラエティに飛んだ曲調を纏めるのは大変だったと想われるが全般的にかなり高音質。評価70点差し上げたい。

2013年11月24日 (日)

'13/11/24

結婚記念日を無為に過ごす。もう27回目なのだなぁ。
長女が遊びに来ているので世話焼きに忙しい。借りて来たCD rippingしてlame-mp3エンコードするとか。
昨年発売された松任谷由実さん40周年記念ベストアルバム「日本の恋と、ユーミンと。」はリマスタリングが素晴らしく これは買っても後悔しなかったかも。
対局だったのが「クライマックス 70’s サファイア」というソニーの企画物。古いフォークと歌謡曲をアナログマスターのままCD化したと覚しき絵に描いたような糞音質。
やはり古い音源はリマスタリングと銘打ってないと買う気にならない。

2013年11月23日 (土)

RAMSA WP-9055A(1)

取り敢えず電源繋いでチェック。
スピーカ端子オフセットほぼ0mV、普通ありえないのでDCサーボ回路憑きらしい。

中央に大きなトランス

電解はELNA10,000uF、リレー松下

初段NJM4558?、コンデンサは松下、抵抗は炭素

ドライバ?東芝2SA968/2SC2238、埃が凄い

多分三段ダーリントン、初段松下2SA794/2SC1576
二段目NEC2SA1006/2SC2336、Bias松下2SD1265

終段サンケン2SA1216/2SC2922

エミッタ抵抗も松下
NJM4560かRAMSA銘の基板が出力DCサーボと想われる

まず試聴してみる。
Technics SE-9060II より小振りで絞まった印象だがCrown D75Aより高音控えめ。
ステージモニター想定してる筈だが、中音域充実してるのでノリノリな演奏が期待できるかも。

リレー接点汚れてるのか時折Bチャネルがビビる。清掃と若干のメンテナンス施せばそのまま使えそうだ。

2013年11月22日 (金)

'13/11/22

  1. 革命機ヴァルヴレイヴ:#19
    滑走路
  2. キルラキル:#08
    老け顔の変態
    壊参総戦挙闘兵場

2013年11月21日 (木)

'13/11/21

  1. IS2:#07
    篠ノ之箒が可愛い
    EDもドレスで走ってた
  2. 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している:#07
    謎知ってる輩大杉
    TBS規制がウザい

2013年11月20日 (水)

RAMSA WP-9055A

中継ぎのリリーフに(笑、中古\5Kだったので ついつい買ってしまった。

RAMSAは現Panasonicの業務用PA機材のブランド。30年前、突如PA業界に殴りこんできたような印象が強いなぁ。国産PAは専業だとTOA、他に目立つのはYAMAHA位か。
コンサート会場に足運ばなくても、例えばUSJでは大量にRAMSAのスピーカー設置されている。

本機はRAMSA設立頃の発売だったらしく、グッドデザイン賞を1985年 受賞 している。なかなかPanasonicらしい太ゴシックぽい秀逸なデザインと想う。
もっともグッドデザイン賞は 東芝 SB-Λ77C とか首捻りたくなるような受賞作が多いのでアテにならないが。

既に1993年に製造中止されているが、ググると地方小ホールと想われる機材リストが大量にHitする。まだまだ現役の個体も多いようだ。

2013年11月19日 (火)

'13/11/19

  1. アウトブレイク・カンパニー:#07
    なんちゃ おかえりは監督が駄目ww
    文化の発信地アキバ
    欲望のままに
  2. 機巧少女は傷つかない:#07
    シリアス展開

2013年11月18日 (月)

Technics SE-9060II (1)

リファインプラン策定中。回路図は9060がラジオ技術誌 1976年1月号に掲載されているらしく這い這い堂に映像あった。大凡の構成分かる・・・9060IIは随分複雑になっている。まず左側初段基板を外して見てみる。

  1. 初段は差動デュアルFET NECμPA63
  2. Tr は2SA722/2SC1328、2SA921/2SC1980と2SA914/2SC1953と松下オンパレード
  3. ダイオードが3本、全て種類違う?
  4. 抵抗は何故か炭素と金皮が半々
  5. セラミックが3個、電解も松下製

セラミックと電解と1/2W抵抗を交換かな?
デュアルFETは入手面倒なのでそのまま使うとして、Trとダイオードを交換するか迷いどころ。をっと、デュアルFETを6111WAに交換する荒業もあった(笑

電力段

  1. Trは2SA720/2SC1318
  2. 三段ダーリントン、一段目2SA818/2SC1628と二段目2SA913/2SC1913
  3. 相変らずセラミック多し。少ない値ばかりで揃うのは東信ポリプロピレンかなぁ
  4. デカい電解は18,000μFと弩級、見なれないダイオードブリッジ

2013年11月17日 (日)

'13/11/17

  1. 勇者になれなかった僕はしぶしぶ就職を決意しました:#07
    アマダ電気ww
  2. リトルバスターズ!:#07
    時間軸が?
    再結成
  3. 物語:#20
    八九寺真宵
    幽霊の幽霊

2013年11月16日 (土)

Technics SE-9060II (60A)

自作アンプ収めるために、トランス デカくてTO3使用で2Uサイズという理由で選択、熱暴走ジャンク品を 僅か\3Kで入手。

初代の9060とはパネルやコンデンサ異なるが、輸出モデルは9060IIを9060と呼んだらしい。

実物は、薄いが とにかく重たい。左右外側のトランスが頼もしい。
上部の丸いシールは熱警告らしい。

上蓋開けると、デカい電解が目を惹く。

特に焼けた痕は目につかないが、取り敢えず状況確かめるため電源ON。・・・特に異常なし?
数分間ONしてみたが発熱他異常感知せず。出力Offsetも数mVで入力部半固定で1mV以内に追い込めた。
恐る恐るYAMAHA NS-1000 Monitor に繋いでみる。低音充実した なかなか美音ではないか!
しかし歪成分多めに感じる。こりゃ改造諦めてリファインだな。

歪のせいか、Rogers LS3/5AやAKG K501とは相性悪いみたいだ。

2013年11月15日 (金)

'13/11/15

  1. 革命機ヴァルヴレイヴ:#18
    第二霊長類
    攫われてくれ
    いつの間にかスフィア一向聴
  2. キルラキル:#07
    投げナイフ部
    南京玉簾部
    綱渡り部
    フォークダンス部
    陶芸部
    折紙部

2013年11月14日 (木)

'13/11/14

  1. 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している:#06
    しろぶた君
    哲学者への道
  2. IS2:#06
    不完全な力
    優秀な副官だ
    シャルのピンチだ

2013年11月13日 (水)

'13/11/13

  1. 蒼き鋼のアルペジオ:#05
    クラッシャブルストラクチャー

    堪忍してつかぁさい
  2. 夜桜四重奏:#06
    龍脈

2013年11月12日 (火)

'13/11/12

  1. アウトブレイク・カンパニー:#06
    ゴールデンボール
    親善試合
  2. 機巧少女は傷つかない:#06
    小紫は危険

2013年11月11日 (月)

TOA M-243(4)

懸案の電源系改造。整流V19E、電解はMUSE。

リップルフィルター回路描いてみる。

リップルフィルターは松下2SB941/2SD1266。
7815の足が左からIN-GND-OUT、7915がGND-IN-OUTなのがややこしい。
概ねIN=C、OUT=EでBにコンデンサ+分圧掛ければ置き換えられる。

電解カップリング数カ所あったので、最終以外全て直結。

改造後24hr通電して試聴してみる。
・・・だいぶオーディオ的な繊細さ出てきた。中継ぎには十分な感じ。
元通り組み立てて使用中。

2013年11月10日 (日)

'13/11/10

  1. 物語シリーズ:#19
    少女とょぅι"ょと童女
    ペアリングが消滅
  2. リトルバスターズ!:#06
    いつもひとりだ
    (T T)

2013年11月 9日 (土)

TOA M-243(3)

改造続行。位相補正をWIMA、パスコンを東信ポリプロピレンに交換。カップリング電解除去、OPアンプをLME49720に交換。

ミューティング系。

トーンコントロール/出力系
トーン回路の積セラ+マイカをWIMAに交換。

試聴結果は随分改善した。
が、電源系のNJM7815/7915の音が気に入らない。
線描画が点描画になるような、bit落としたような違和感が強い。

電源系は7815/7915除去してリップルフィルターに交換の方向で検討中。

2013年11月 8日 (金)

'13/11/08

  1. 革命機ヴァルヴレイゔ:#17
    ルーン
    規式
    食材?贖罪?
  2. キルラキル:#06
    ヌーディストビーチつーかB地区

2013年11月 7日 (木)

'13/11/07

  1. IS2:#05
    サービス対決
  2. 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している:#05
    マンゴスチンチョコ
    妹、あらわる

2013年11月 6日 (水)

'13/11/06

  1. 蒼き鋼のアルペジオ:#04
    堪忍してつかぁさい
    後悔
  2. 夜桜四重奏:#05
    半妖
    TVも映らない

2013年11月 5日 (火)

'13/11/05

  1. 機巧少女は傷つかない:#05
    文脈から判断
    たゆんたゆん
  2. アウトブレイク・カンパニー:#05
    主人とその護衛とメイドと下男とスパイと?
    ツンドラ

2013年11月 4日 (月)

TOA M-243(2)

ステレオ入力4系統を改造。
ヴォリューム直前のセラミック除去。
入力カップリング1μF+出力カップリング33μF電解除去して直結。
入力系デカップリングをMUSE、位相補正100pFをWIMA、パスコンを東信ポリプロピレンに交換。
OPアンプはソケットにして取り敢えずLME49720に交換。
ついでにInput基板の電源デカップリングを三洋超低ESR電解に交換。

1回路わざと非改造にして比較試聴してみる。
・・・若干表情くっきりするものの想ったほど変化無い。

その後にも電解カップリングや位相補正セラミックやRC4580の回路が続く。
ステレオ系は全て同様の改造+電源系も改造予定。

2013年11月 3日 (日)

'13/11/03

  1. 物語
    ほぼ真綾嬢 独り語り
  2. リトルバスターズ!;#05
    世界の秘密の秘密

2013年11月 2日 (土)

きんいろモザイク サウンドブック はじめまして よろしくね。

しかし長いタイトルだ。
まったり癒し系の内容に合わせてアコースティックな曲が多い。

最近の録音は随分と滑らかに感じる。数年前に良録音と想われたCD聞き返すと、どうにもカサついて感じてがっかりすることも多い。
本作は その中でもかなり優秀録音の類と想われる。

唄物だと"きんいろ+ぎんいろモクセイ"がラップ調で可愛い。

マスタリングはFLAIR袴田剛史氏。音質評価は70点か。

2013年11月 1日 (金)

'13/11/01

久し振りの東京出張。IBM箱崎本社で講習。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »