« SONY TA-F555ESXII 改造(8) | トップページ | 高精度パワーアンプ(7) »

2012年9月 9日 (日)

SONY TA-F555ESXII 改造(9)

いろいろ想定外の事象が orz

  1. ヒートシンク ネジ切リ加工中にタップ折れた
    仕方ないので既存の穴で誤魔化すことにする
  2. -安定化電源あぼーん
    電源デカップリング設置中にショートさせたかも
    制御ダーリントンTrを解除してPeak Atlas Model DCA55で測定してみる
    意外にもベース側2SA1138だけが死んでた
    回収TO-126 2SA1142に差し替えなんとか復活、音質は??
  3. トランス配線
    二回路を同じダイオードブリッジに繋ぐ
    低電位-高電位が黒-赤、青-黄と想ってたら黄-青だった
    回路的には間違い無いと想ってたが確認して良かった

 

« SONY TA-F555ESXII 改造(8) | トップページ | 高精度パワーアンプ(7) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29154/47015236

この記事へのトラックバック一覧です: SONY TA-F555ESXII 改造(9):

« SONY TA-F555ESXII 改造(8) | トップページ | 高精度パワーアンプ(7) »