« '12/Aug/24 | トップページ | '12/Aug/26 »

2012年8月25日 (土)

SONY TA-F555ESXII 改造(5)

リアパネルから弄る。
ACアウトレット基板に見慣れない形状の6Aヒューズ。

ACコード気に入らないので、ACアウトレット[unswithced]除去してヒューズ/ノイズフィルタ付きインレットに交換。本来のACケーブル穴はリーマーで拡張してスピコンを設置。
 

SP出力基板は松下の24Vリレーで駆動、位相補正回路も載ってる。
 

入力/アダプタ接続部はRCAソケットが安っぽい。裏面はゴチャゴチャしてて触る気にならない。パネルからケーブルでスイッチ切り替えるのは面白い。
 

電源/パワーアンプ基板除去して新しい基板にコンデンサ載せて仮組みしてみる。想ったより余裕ない、高精度パワーアンプ基板はアンプ裏面にぶら下げるか。

埃の積もったフラットアンプ部。TO-220の2SA1383/2SC3514は全てハンダクラックでグラグラの状態。これで まともに動作したとは思えない。
個体差なのか、拙宅333ESXはこれより古いがトラブル無いし。
 

うっかり写真撮る前にEQアンプ バラしてしまった。入力部コンデンサは双信SE?でないにしても高価そうな感じ。

« '12/Aug/24 | トップページ | '12/Aug/26 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29154/46822588

この記事へのトラックバック一覧です: SONY TA-F555ESXII 改造(5):

« '12/Aug/24 | トップページ | '12/Aug/26 »