« 8月1日 | トップページ | タコ抜きのたこ焼き »

2010年8月 2日 (月)

歩道の空き缶踏み潰す

昭和40年代、ジュース類は瓶優勢で缶もスティールだったと想う。
で、たまに歩道で空き缶見つけると 愚者 グシャっと踏みつぶしていた。

スティール缶は頑丈で子供の体重ではクリティカルヒット出ないと一気に潰れない。潰れる感覚が面白くて友人と争って踏んでいた。
現在なら拾って空き缶入れに入れるだろうな。
そう云えば、あの頃は現在ほど空き缶入れ多くなかったのかも。

ブログネタ: 子どもの頃にしてた、今では考えられないことは?参加数拍手

« 8月1日 | トップページ | タコ抜きのたこ焼き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月1日 | トップページ | タコ抜きのたこ焼き »