« 大鳳亭 | トップページ | PIXELA PIX-DT090-PE0 改造(2) »

2010年1月23日 (土)

PIXELA PIX-DT090-PE0 改造

以前からNHK BS1/BS2/BS hi録画時カクつくのが気になってた。
ボードに挿す5-0-12V電源別立てにすると止まるとは聞いてたが、面倒なので長らく放置していた。が、アニメギガ 1/24 放送 梶原由記さん がどうしても見たくなり弄ることに。

電源別立てにするとカクつかなくなるということは、デカップリングコンデンサ追加すれば良いのではないか?という仮説に基づき実際にやってみた。

取り敢えずボード外すのも面倒なので、手許の 超低ESR電解 SANYO WG 680uF/16Vと1500uF/6.3Vを、ボードのプラグ裏面側電極の それぞれ12V[黄-黒]側と5V[赤-黒]側に繋いで起動してみる。
ををっ、カクつかず滑らかに再生できている!!

その後も試した結果、5V側のみコンデンサ追加でも問題ないようだ。

« 大鳳亭 | トップページ | PIXELA PIX-DT090-PE0 改造(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/29154/33094778

この記事へのトラックバック一覧です: PIXELA PIX-DT090-PE0 改造:

« 大鳳亭 | トップページ | PIXELA PIX-DT090-PE0 改造(2) »