« au W61S | トップページ | Jul. 17th »

2009年7月16日 (木)

人体局部洗浄装置

さぁ お立会い、試しにタイトルの文言をググってくだされ。
ずらっと特許関連の文献出力されるはず。

最初見つけたときは何かの冗談かと思ったが、どうやらウォシュレット等の温水洗浄便器を特許的に堅く書くと こうなってしまうらしい。
どれもこれも大真面目な長文で、技術者方の真剣さが伝わってくる。
一部引用しても問題ないかな?

【0005】【発明が解決しようとする課題】しかしながら、上述した従来技術では、節電モードにおいて、使用者による人体局部洗浄装置の使用後に洗浄水温度は常に低温設定値に保持されるので、次回使用者が洗浄を行う場合も前回使用者と同じ条件、つまり、適温に満たない温度の洗浄水で人体局部を洗浄する可能性が高い。ここで、深夜間を節電モードにし、朝方から人体局部洗浄装置が使用される場合について考えてみると、1人目の使用者が適温に満たない温度の洗浄水で人体局部を洗浄しても、使用者自身がそれ以前は節電モードであったことを認識している場合が多く、あまり不満は起こらない。ところが、2人目の使用者が人体局部を洗浄した場合でも洗浄水温度が適温に満たない場合が多い。この場合は、使用者は、以前に洗浄装置が使用されてすでに洗浄水が加温されているものと認識している場合が多く、この認識に反して比較的低温の洗浄水で洗浄する状態となり、使用者が不快を感じるという問題がある。
--中略---
【0029】【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、人体局部洗浄装置において、節電モード時に連続して洗浄装置を使用した場合、2人目からは適温に近い温度の洗浄水で人体局部を洗浄することができる人体局部洗浄装置とすることができるものである。


要は節電モードでも二人目からは ちゃんと温水出るぞ sign03 ということらしい。

快適で便利な生活の裏には、こういった技術者方の真剣かつ可笑しな鬩ぎ合いあると思うと ちょっと楽しい happy01

« au W61S | トップページ | Jul. 17th »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« au W61S | トップページ | Jul. 17th »