« '09 冬アニメ | トップページ | 地上波デジタルキャプチャボード(8) »

2008年12月15日 (月)

SQL文:CASE式

ここ数年、業務データはOracleDBをMS-Accessフロントエンドにして使っている。
他ユーザーに検索結果渡すときは、Accessデータ+AccessのSQL検索文をExcelに貼るか、別の業務アプリ用にSQL文書いたりしている。
で、アプリごとにSQL若干方言あったりする。

部門内サーバでDBで運用していた昔はOracleDB管理者やってた。
阪神淡路大震災の時はサーバが心配で会社まで歩いたこともあったなぁ。

という訳で すっかり知識古かったらしく、SQLのCASE式を知らなかった coldsweats01
有志が こんな 解説もして頂いてる。私の知識は SQL-92 以前か?
こちら によると、Accessは対象外とのこと。
先日業務アプリ用に苦労して書いたSQL、もうちょいエレガントに書き直せるかも。

« '09 冬アニメ | トップページ | 地上波デジタルキャプチャボード(8) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« '09 冬アニメ | トップページ | 地上波デジタルキャプチャボード(8) »