« 3/Nov. | トップページ | 果実酒(6) »

2008年11月 3日 (月)

High And Mighty/Uriah Heep

高校時代の愛聴盤、リマスターCD で所有。
一曲目"One Way Or Another"はUriah Heepで唯一John Wettonリードヴォーカルらしい。 Wettonは この後UK参加のため脱退、後年のインタビューではバンド内の人間関係最悪だったとコメントしてたと思う。
数々のセッションプレイこなす渡り鳥John Wetton、ヴォーカルもベースも大好きなのでこのアルバム購入したのだが、古いUriah Heepファンは この後アルコール中毒で解雇されるDavid Byron に思い入れあるみたいだ。
Uriah Heepは初期ベストもあるが重苦しい音との印象しか残っておらず、本作のアメリカ調ポップさはむしろ好きなのだが。一部Bostonぽい音作りだったり。

ジャケットの羽生やしたP08は どこかのルガークローンかと思うが、未だに写真の意味が分からない。
408

« 3/Nov. | トップページ | 果実酒(6) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3/Nov. | トップページ | 果実酒(6) »