« K式真空管フラットアンプ(4) | トップページ | DAC1242A(23) »

2008年7月 6日 (日)

K式真空管フラットアンプ(5)

6111WA、十時間以上通電で数十mVあったオフセット落ち着き音質も輝いてきた。やはり高信頼管は目覚めるのも時間掛かるのかな?
2台ともDAC1242A*2台に差動接続、本日は ひたすらエージングに努める。
ふと気付くと、プリアンプ基板より明らかに低域も延びている。

« K式真空管フラットアンプ(4) | トップページ | DAC1242A(23) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K式真空管フラットアンプ(4) | トップページ | DAC1242A(23) »