« K式真空管フラットアンプ(5) | トップページ | 8/July »

2008年7月 7日 (月)

DAC1242A(23)

懸案の差動-真空管オペアンプも ようやく稼動、タカチYM-400[W400*D250*H55]ケースに収める予定。アルミで加工性良く、碌に工具無くてもなんとかなってしまうので愛用している。今まで作成したDACは殆どこのケース使っている。\3K程と安いのもありがたい。
後面のACインレット/ヒューズ/IN/OUT だけ昨日設置済みで 後は基板/トランス設置だけだが、これが頭が痛い。
DAC1242A*2枚/トロイダルトランス*2個/ディジタル電源基板[5V,3.3V]*2枚/アナログ電源 でも結構多いが、真空管オペアンプは オペアンプ*2/ヒータートランス/ヒーター電源/アナログトランス*2/アナログ電源 とあるので隙間無く埋まる筈。

昨年のDAC1794-III-6111は設置場所無く、また放熱のため苦肉の策で6111*4本を横一文字にケース上面から出してみた。今回は真空管オペアンプの6111WA*4本を縦一文字に並べる予定 (^^)v

« K式真空管フラットアンプ(5) | トップページ | 8/July »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« K式真空管フラットアンプ(5) | トップページ | 8/July »