« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月30日 (金)

30/May

久しぶりにテクサンに出かける。ニッコーム欠品多すぎて萎える orz そのまま退散は申し訳ないのでダイエイ伝染電線20芯/30芯を仕入れる。
千石でKOA 1/2w@\10仕入れる。安くて助かるが、100本/\600は要らない。同じくKOA 1/4w@\10だが、こちらは100本/\300ということは1本売りボッタ?
デジットで基板と真空管ソケットと激安KMH 160V/820uF 6本、これで電源OK。
シリコンハウスで1wツエナー。

テンプレートを初夏っぽい色に変更。

2008年5月29日 (木)

オーディオDCアンプ製作の全て

云わずと知れた金田明彦氏の著作。
真空管オペアンプ探索中に 金田式CDラインアンプ[No.166]見つけ、勉強させていただこうと思った。手元にWE396A *4 あるし、オペアンプ2台組めるなぁ・・
時折 無線と実験誌パラパラ立ち読みする程度だが、少しだけ踏み出してみようかと。
といっても高価 and/or レアなデバイス入手する根性も財力も持ち合わせないので似非・猿真似程度だろうな。
とりあえずWE396Aフラット[オペ]アンプ+AOC作成が目標。
早速だが整流管WE412A+大容量KMH 高価で買えないので、なにか電源でっち上げないといけない。
51y8xvjxdel_ss500_

2008年5月27日 (火)

From The Front Row: Live/Emerson, Lake & Palmer

ライブ-リイシューDVD-Audio ということでポチってしまった。\1,134だし。
全盛期の1974年・1977年ということは30年以上昔の音源だ。ジャケットもマスタリングもいい加減な気がするが、当時の熱さが伝わってくるが良い感じだ。
Karn Evil #9 とかマジそのままのアレンジで演奏していたのだなぁ・・
51x5t6gskkl_ss500_

2008年5月25日 (日)

25/May

ElectrArtさんの[趣味の雑事]から、DSDって奥が深い! '08/5/24。PIONEER DV-S757AからDSD信号をS/PDIFで引き出すインターフェイス構築されていて、同じ機種使っているのでwktkで成果をお待ちしている。アナログ系少し弄るだけで かなり音質向上するのだが、DAC1242AやDAC1794-IIIでSACD聴けるなら素直に嬉しい。

±120~150V必要なオペアンプ作るとしたら電源どうする?と夢想中。ヒロさんが 電圧レギュレータ考 で書かれてる試作回路応用できないかと、ちょっとお借りしてLTSpiceでシミュレートしてみる。電圧差は殆ど差動増幅Trに掛かるのでここに高耐圧Tr調達すれば良さそうだ。高耐圧かつ音質良さそうなTrは?安価なものなら東芝2SA1013/2SC2383[160V/1A]、それ以外で三洋2SA1381/2SC3503[300V/0.1A]とかNEC2SA1546/2SC4001[250V/0.1A]あたりが期待できるかな?
思いついたときSpiceモデル捜しているのだが、今日はFairchild で2SA1943/2SC5200見つけることができた。アンプ終段に、電源レギュレータに愛用している石だけにとても嬉しい (^^)v
08may25

2008年5月23日 (金)

23/May

先月胃腸炎で入院してから結構食べる癖がついてしまい、気が付くと肥満境界線BMI=25直前[177cm:77.2Kg]まで体重増加してた orz
取り敢えずBMI=22~23[68.9~72.1Kg]目標に5/10から減量始めた。
減量と云ってもごく単純で

  1. 朝食:蛋白質中心に600Kcal以下
    納豆/生卵/プレインヨーグルト を少しづつ+パン少々 が基本
  2. 昼食:摂らない
    会社にいる間は水しか口にしない
  3. 夕食:殆ど摂らない
    家内が作る野菜ジュース+チーズ  程度

な具合。運動も必要なので、会社21:00前に出た時は北浜~動物園前[5Km弱]を一時間弱で歩いている。
上記メニューで数日経過すると、夕方には右手痺れて僅かに頭痛してくる。糖尿病などで糖分代謝できないと脂肪代謝亢進して様々な症状引き起こすが[ケトアシドーシス]、多分何歩か手前の状態だと思う。そうなるとしめたもの、さらに張り切って歩いて体内脂肪燃やすのに専念する。

昨日12日目で72.7Kg[BMI=23.2:-4.5Kg減]だったのでちょっとペースオーバーか?あと2~3週間続ける予定。

2008年5月20日 (火)

DIGA DMR-WX320

PanasonicのDVDレコーダ、稼動中。
実際に操作してみると、改めて東芝との設計指向というのか違い際立ってくる。

東芝は設計者が思いつく限りの機能搭載しました、的に機能百花繚乱ながら操作に統一性がなくマニュアル[四分冊!]も分かり難い。例えば録画番組編集していざDVD-R挿入して焼こうとすると[フォーマット必要です]のメッセージ。一旦編集内容あきらめてDVDフォーマットしてから同じ編集作業が必要だ。ユーザーが全ての操作を滞りなく行うことが前提の設計かも。

対してPanasonicは若干編集機能その他劣るものの徹底的に分かりやすく設計されてて、リモコンの[ガイド]ボタン押すだけで凡その機能分かるようになっている。マニュアルも東芝の半分ほどに纏まっている。また、録画一覧で番組にカーソル動かすだけでサムネイル再生されるのは便利だと思う。

東芝は、実際のユーザーが使った結果が設計者にフィードバックされてないのだろうなぁ。これでは情報家電であっても日用品には なり得ないような。

2008年5月17日 (土)

DAC1242A(21)

DAC1242A-差動、あちこちリファイン中。
DAC基板上アナログ電源デカップリングをMUSE KZ 220uF/25vにアップグレード。少し音の粒立ち良くなった?
プリアンプ基板、安スチコンをディップマイカ/エミッタ抵抗減らしてアイドリング30mA/終段Trを某TO-220/デカップリング電解をMUSE KZ 100uF へと変更。設置場所狭くて止む無くKZは基板裏に配置。少しクリアになったように感じる。

あとアナログ電源もう少し検討するつもりだが、現時点で軽くDAC1794III-6111と比較試聴してみた・・・やはりダイナミックさの1794、繊細さの1242かなぁ。小編成のソース、特にピアノソロの表現力は1242勝利みたいだ。

そろそろ金田式DACの音が気になるところ・・・

2008年5月15日 (木)

VARDIA RD-XD92 死亡

東芝のDVDレコーダ、どうやらご臨終らしい。
DVDドライブ交換後も、2~3回全録画内容あぼ~んという困った奴だったが今度は完全に逝ってしまったようだ。エラーコード吐いて起動しない orz
使い難い・安定性低いという最悪の機種だった。実は最初に入手した品物は初回起動途中でハングアップ、販売店で交換したという曰く付き。
兎に角[半導体以外の]東芝製品は二度と買わない、と心に誓うのであった。

さっそく代替機を検討中。最近の機種は痴情派 地上波ディジタル/アナログのダブル録画できない機種が殆どなんだなぁ。家内がCATVでの録画多いので暫らく寝かせていたPSXも復活させてアナログ録画支援としよう。
価格.com見ると、最近はPanasonic が人気のようである。
Blu-rayは購入も録画も予定ないので、DIGA DMR-WX320にする予定。

2008年5月13日 (火)

DAC1242A(20)

Dsc_5216差動検証中。
二枚のDAC1242A基板の、
上が逆相[L-,R-]、下が正相[L+,R+]。
LとRをそれぞれプリアンプ基板で差動増幅。

検証用配線材はベル用平行単芯0.8φ10m\300の代物。扱い易いが被覆が熱に弱かった orz

2008年5月12日 (月)

DAC1242A(19)

Vectorより烏谷 隆氏のハンディ・オシロスコープ使用させて頂いてる m(__)m
PCのA/D機能使った簡易オシロスコープで、今般初めて使ってみた。
試しにピアノソロの曲掛けながら差動増幅直前のR+とR-描いてみる・・・見事に反転データになっている (^^)v
どうやら安心して良さそうだ。
080511

2008年5月11日 (日)

DAC1242A(18)

プリアンプ基板で差動増幅。
1枚を正相[R+,L+]、もう1枚をデータ反転して逆相[R-,L-]としているのでチャネル別に差動増幅器で受ける。
もともと非反転増幅回路+DCサーボも考慮した基板なのでいくつか抵抗差し替えるだけで差動増幅回路組めてしまう。抵抗考慮して概ね増幅率1/2として試聴。

期待通り迫力増強、繊細さを保ちながら全体に分厚くなった (^^)v
と云ってもエコー深くなった?妙に音像拡がる感じがするので位相完全に合っているのか若干不安に感じる。
ソフト簡易オシロの出番か?

概ね期待通りの結果得られたので、後は部品少しずつリファイン予定。
取り敢えずプリアンプ基板はバイアス電流増やして終段Tr交換。

2008年5月10日 (土)

DAC1242A(17)

2・3枚目動作確認。
うっかり修正前のマニュアル参照してた箇所に気付いて修正したりで確認に結構手間取ってしまう。
3枚目はDAIのDATA信号を74AC04で反転させて接続、一応逆位相ぽい。

続いてプリアンプ基板で差動増幅を試みる。

2008年5月 6日 (火)

6/May

電源電解テスト。
ディスクリート電源基板MINIの電解をKMG 50v/3,300uF暫定レファレンスに2種類交換して試す。耐圧/容量バラバラなので概ね3,000uFになるように並列に接続した。前回と同じくDAC1242Aのアナログ5Vに接続。

  1. KMG 50v/3,300uF
    ご存知秋月で@\25の激安品。妙な癖もなく何処にでも安心して使える。
  2. 緑電解
    あくまでも透明、低歪のせいか音圧低くなる感じすらある。
    綺麗な音だが、躍動感とか迫力減退してちょっと平板な雰囲気。
  3. 茶電解
    2.と逆に、1,に音圧/迫力/躍動感追加した感じ。
    はっきり楽しい音になる。

2008年5月 5日 (月)

5/May

長女が少し早いが父の日プレゼントにと、∞プチプチ ぷち萌え[幼なじみ編]を買ってくれた (^^;
包装用のエアキャップ、通称プチプチをシミュレートした電子おもちゃだ。
通常の[∞プチプチ]と、釘宮萌えヴォイスの[ぷち萌え]が4種類ある。
何故か近所のLOFTには[幼なじみ編]と[妹編]しか置いてないようだ。
べっ、別に[ツンデレ編]や[メイド編]欲しかったんじゃないからねっ!

同じ価格なら釘宮ヴォイス聴きたさに[ぷち萌え]買うのがデフォルト、か?
50回ぷちると4種類台詞喋る、15秒放置でおねだりヴォイス、と釘宮病患者にはなかなか嬉しいかも。
ついでにブログパーツも変更した。
Chara_4468532589

2008年5月 4日 (日)

4/May

引き続きディスクリート電源基板MINI部品トライアル。
愛用のシングルOPアンプNJM5534DDを安価に仕入れたLM4562に挿し替え。といってもLM4562はデュアルなので8Pinに必要なピン半田付けして使ってみる。
・・・ノイズフロア下がった感触?静寂さ増強・微細な音が聞こえてくる雰囲気あるかも。

2008年5月 3日 (土)

3/May

電源レギュレータTrテスト。
ディスクリート電源基板MINIをKMG 50v/3,300uF他同じ部品構成で新たに2枚組む。
DAC1242Aのアナログ部5Vに接続。

最近入手したメタキャン*1/2SD*1/TO-126*2/TO-220*1の計5種類を差し替えて試したが、どれも高音伸びずマイルドになってアタック丸く感じる orz

次は電解とOPアンプの差し替えテストかなぁ。

2008年5月 2日 (金)

DAC1242A(16)

取り敢えず2・3枚目製作完了。
ディジタルデカップリングに緑電解3本追加。
アナログ部は±23V掛ける予定で発熱多い。出力Tr某TO-220にデジット激安大きめヒートシンクで放熱対策する。

龍一さん情報で某通信工業用途メタキャン格安でゲット。
手始めに電源レギュレータに試す予定。

2008年5月 1日 (木)

DAC1242A(15)

2・3枚目製作続行、電解/出力Tr以外ほぼ終了。
抵抗は1枚目と同じく1/4Wニッコーム。入手できない値は適当に置き換えてる。フィルタコンデンサERO1830、Trは安価で好きな2SA893/2SC1830。LEDは全て小電力Di*3で置き換え。
ディジタルデカップリングは緑+OS?アナログデカップリングはKZHかなぁ。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »