« VARDIA RD-XD92 死亡 | トップページ | DIGA DMR-WX320 »

2008年5月17日 (土)

DAC1242A(21)

DAC1242A-差動、あちこちリファイン中。
DAC基板上アナログ電源デカップリングをMUSE KZ 220uF/25vにアップグレード。少し音の粒立ち良くなった?
プリアンプ基板、安スチコンをディップマイカ/エミッタ抵抗減らしてアイドリング30mA/終段Trを某TO-220/デカップリング電解をMUSE KZ 100uF へと変更。設置場所狭くて止む無くKZは基板裏に配置。少しクリアになったように感じる。

あとアナログ電源もう少し検討するつもりだが、現時点で軽くDAC1794III-6111と比較試聴してみた・・・やはりダイナミックさの1794、繊細さの1242かなぁ。小編成のソース、特にピアノソロの表現力は1242勝利みたいだ。

そろそろ金田式DACの音が気になるところ・・・

« VARDIA RD-XD92 死亡 | トップページ | DIGA DMR-WX320 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« VARDIA RD-XD92 死亡 | トップページ | DIGA DMR-WX320 »