« パワーアンプ基板-2(25) | トップページ | 14/Apr. »

2008年4月 9日 (水)

LM4881N

シリコンハウスに出てたので買ってきた。8pinのステレオヘッドフォン用パワーオペアンプらしい。
データシートみると+5V単電源だとオフセット出るためカップリングコンデンサ必須のようだ。ぐぐると単電源の作例はいくつか見つかるが、データシートのまま作っても面白くないし、コンデンサに音質スポイルされたくないので±2.6V駆動に挑戦。

ヒロさんのNON-NFB電源参考に小電力ダイオード*6個を定電圧源に電源回路作成する。トランス5-0-5V[デジット\350]、予想より高めの±3.3Vになったので小電力ダイオード*5個に変更、±2.65Vを得たところで今晩は時間切れ (^^;

« パワーアンプ基板-2(25) | トップページ | 14/Apr. »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーアンプ基板-2(25) | トップページ | 14/Apr. »