« Sigma DP1 | トップページ | 真空管ドライブMOS-FETパワーアンプ »

2008年2月27日 (水)

某TO-126

DAC1242A出力Trとして試聴/エージング中。
ksさん情報によると某メタキャンと同一ペレットらしい。 私如き浅学/駄耳の徒には勿体ない?と思いつつも確保した次第。

通電直後は2SB1217/2SD1818より若干高音伸びてる?程度だったが、通電数時間でもっとワイドレンジになったように感じる。
あと一種類別のTO-220も注文してるので出力Trは再検討の予定。

ところで、何故昔のTrはPNP=緑色モールド多いのだろう?

« Sigma DP1 | トップページ | 真空管ドライブMOS-FETパワーアンプ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Sigma DP1 | トップページ | 真空管ドライブMOS-FETパワーアンプ »