« DAC1242A(6) | トップページ | DAC1242A(8) »

2008年2月11日 (月)

DAC1242A(7)

予定の出力Tr試聴。
電源強化したおかげか、シングル仕様の現時点でもDAC1794-III改に劣る印象ない。強いて言うとダイナミックさでDAC1794-III改、高域の綺麗さでDAC1242A勝るかも。

折り良く東芝TO-126連番で5種類入手できたので一気に聴いてみた。
比較試聴は、片チャネル6.:もう片チャネル1.~5.に差し替えて行った。
バイアス確認したが、全て無調整で±1mVの範囲だった。
アンプ・スピーカは[パワーアンプ基板-2→AKG K-501]基本で、
迷った場合は[émeraude→NS-1000M]で印象確かめてる。
あてにならない駄耳だが、それぞれのスペックと印象はこんな感じ。

  1. 2SA1356/2SC3419[20p/10p,40V/0.8A/5W]
    僅かに低域に重心移動する。ストリングスのテンション下がる感じ。
  2. 2SA1357/2SC3420[62p/40p,35V/5A/10W]
    重心変わらず中域少し厚くなる感じ。
  3. 2SA1358/2SC3421[30p/15p,120V/1A/10W]:ヒロさん的レファレンス。
    重心そのまま僅かに高域伸びる印象。
  4. 2SA1359/2SC3422[35p/35p,40V/3A/10W]
    2.2SA1357/2SC3420と似た印象だが、低域歪ぽい?
  5. 2SA1360/2SC3423[2.5p/1.8p,150V/50mA/5W]
    3.より更に高音伸びる反面、低域軽くなる。
  6. 2SB1217/2SD1818[40p/30p,60V/3A/10W]:NEC/暫定レファレンス

その後、シツコク何度も差し替えて試聴してみる。
結論:予想に反して、2SA1358/2SC3421がベストマッチ!

1.~6.まで並べてみる。
刻印見易いようにいつもよりコントラスト低め。
Dsc_5166


« DAC1242A(6) | トップページ | DAC1242A(8) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAC1242A(6) | トップページ | DAC1242A(8) »