« ef - a tale of memories #11 | トップページ | MyBoo »

2007年12月20日 (木)

AF-S DX VR Zoom Nikkor ED 55-200mm F4-5.6G(IF)(2)

D40ダブルズームキットIIの価格はウォッチしてたが、迂闊にも望遠レンズ単体価格注意してなかった。
価格.comで先日急にD40ダブルズームキットII価格跳ね上がり、ふと標準スームキット+望遠単体価格チェックした。標準スームキット\46K+、望遠\20KでダブルズームキットIIの\68K+より安い!と気づいたので即望遠のみ発注した。ヨドバシとか未だ\30K越えてるが、瞬間的に流通過剰だったのかも。

D40標準ズームキットいつでも買えるし、最悪ペコちゃん他中古でも良い。
いつも携行してるD1X/D1HはD40の2倍の重さ=D40 2台持ち歩くのもあり、と夢想中。

大きさやデザインは かつて使ってたAF ED 80-200mm F4.5-5.6を彷彿させる。DXでは少し長い/寄れないため手放してしまったが解像力/コントラスト良く、安い/軽い/良く映る三拍子レンズだった。本レンズもMTF見る限りコントラスト/解像力高いし、同じくエンプラだが質感かなり向上・最短撮影距離1.1mと随分進歩している。個人的にはこういった古くはシリーズEに繋がる大きさやズーム倍率・最短撮影距離を欲張らず無理のない設計=生産楽でコスト安く良く映るレンズ系譜こそがニコンの良心と思っている。

まぁ初めて使うVRの効果は如何に?というわけで早速実写テスト。
天井蛍光灯のみ、D1H-ISO200:160mm:1/15s開放で被写体はフニフニ尻尾振る猫の置時計。当然左がVR-OFF。文字盤に焦点合わせてるので顔が少し暈けているが、シャッター3段分の手ぶれ補正効果は大げさでないように思う。 
こんな低価格でVR効果あるなんて、貧乏人にはとってもありがたい m(__)m
Dsc_5074_2Dsc_5067_2



 

« ef - a tale of memories #11 | トップページ | MyBoo »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ef - a tale of memories #11 | トップページ | MyBoo »