« 10/2 | トップページ | リップルフィルター(2) »

2007年10月 4日 (木)

天元突破グレンラガン 最終回

BEST SOUND聴きながら、まだまだ余韻引きずっている (^^;
稀に見る熱いアニメだった。

予想通りというのか、やはりニア消滅してしまった。でもニアを螺旋力で蘇らせる => 螺旋力の濫用 => スパイラルネメシスの発生となるのか?
そういえばニアもカミナ/キタン/ロージェノム/ジョーガン・バリンボーも皆、シモン/グレン団/人類の未来を信じて笑いながら死んでいったことを思うと涙腺が緩む。
これで死者蘇らせたら全てぶち壊しになってしまう。

20年後のシモン/ロシウ/ヨーコは ちょっと老け過ぎ?
穿った見方すると敢えて第1話冒頭のシモンと描き分けたのは、
巨大な螺旋力発動させてやがてスパイラルネメシスに陥るシモンと、
巨大な螺旋力持ちながら穏やかに人類の未来を見守るシモン
を暗示・対比させたかったのではないか?

開放版6話、カミナの突き抜けた馬鹿っぷりが逆に悲しい。
こりゃ日曜朝に放送は出来ないっすよ。
ドタバタはアベノ橋魔法☆商店街ぽかったかも。

« 10/2 | トップページ | リップルフィルター(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10/2 | トップページ | リップルフィルター(2) »