« EPSON PX-G900 | トップページ | 劇団四季 オペラ座の怪人 »

2007年10月25日 (木)

EPSON PX-G900(2)

プリント用紙とカラーマッチングがまたまた悩ましい。
通常はEpson純正の「写真用紙<光沢>」か「写真用紙<絹目調>」、気合入れるときはピクトリコ使ってる。プリンタドライバ任せだと色調安定しないのでICCプロファイル使うのだが、Epson純正用紙ICCプロファイルは肌色転ぶし寝ぼけた色調で全然×、使い物にならない。
対してピクトリコICCプロファイルは 肌色も自然で ほぼディスプレイの色調再現してくれるので愛用している。ピクトリコ紙は透明感高いのは流石と思うが、Epson純正「写真用紙<光沢>」だとLサイズ400枚で\2K+のバーゲン価格だし、うっかりピクトリコICCプロファイルで印刷してもそれほど色再現性悪くないのでお得である (^^;

ピクトリコは旭硝子系列だったのが三菱製紙に買収されて いまやモノクロ用紙「月光」も売ってるのが面白い。3rdパーティーが元気だと色々選択の幅が広がるので今後も頑張って欲しいものだ。

« EPSON PX-G900 | トップページ | 劇団四季 オペラ座の怪人 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EPSON PX-G900 | トップページ | 劇団四季 オペラ座の怪人 »