« 2007 秋期 | トップページ | EPSON PX-G900(2) »

2007年10月22日 (月)

EPSON PX-G900

2003年10月購入したインクジェットプリンタ、もう4年使っている。
10回/月以上使ってるので使用頻度高い方?
ヘッドクリーニングしてもノズルチェックパターン擦れるようになったので修理した。
2年ほど前 同じ症状を自宅宅配受け渡しサービスで修理してて、その時は何度ヘッドクリーニングしても擦れ解消せずインク大量に無駄にした orz
8色インクのセットが\10K近いので金銭/精神的ダメージ大きい。
今回は時間余裕あったので日本橋外れのエプソン修理センターに持ち込む。
如何にも修理のプロ的応対も感じよく安心だ。ちょっとニコンSCぽい感じ。

本日会社帰りに引き取りに行く。ヘッドクリーニング機構・廃インク溜め汚れてて交換した由。「車ですか?」と聞かれたが歩きと分かると慌てて手提げ袋用意してくれた。10Kg弱だが貧乏臭くJR難波まで担いで歩くと結構しんどい。
代金\9,450と安くないがインク全て満タンになってるしリーズナブルと思う。
新製品出ていれば買い替えも検討したのだが、今のA4最新機種PX G-930も文字通りG900の改良機みたいだし今回まで修理した次第。

インクジェットプリンタはインク代で収益上げるビジネスモデルなんだろうなぁ。
やはりどう考えたってインク\1K@本は高いぞ。

« 2007 秋期 | トップページ | EPSON PX-G900(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2007 秋期 | トップページ | EPSON PX-G900(2) »