« DAC1794-III(16) | トップページ | DAC1794-III(18) »

2007年9月 4日 (火)

DAC1794-III(17)

DCサーボ設置。電圧高すぎるので本来のOPアンプ電源配線パターンカット、7815/7915で±15V供給に切り替えた。
お陰で出力オフセット±1mV以下に納まった。
電圧降下大→発熱大きいので7815/7915にもヒートシンク付けた。見事にヒートシンクだらけの基板だなぁ。
今回の基板は金メッキ分厚く なかなかカット出来なかった (^^;

真空管6111入っているので電源投入後の立ち上がりが遅い。
やはりmute回路も必要か?

電源組み立てて10hrほど通電。
電解目覚めてきたのか もっさり感減って繊細さ出てきた。
目指すはダイナミックかつ繊細な音!
まずは取り急ぎ50~100hrエージングしたいところだ。
以前買ったテストCDにノイズ+スイープ音のエージング用音源あったので好みのCDと交替で夜間掛けている。
効果??

« DAC1794-III(16) | トップページ | DAC1794-III(18) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAC1794-III(16) | トップページ | DAC1794-III(18) »