« DAC1794-III(10) | トップページ | DAC1794-III(12) »

2007年8月25日 (土)

DAC1794-III(11)

アナログ部の発熱確かめるために片チャネル組んで±18.7V掛けてみる。
6111ヒーターはデジット激安トランス+7806を大き目のヒートシンクで。
出力Trは今でも結構発熱している、ヒートシンク追加必須みたい。
ヒーター電源の発熱は予想より少ない。

6111差動でバイアス流石にバラつくが半固定で収まる範囲。
Dsc_4941

« DAC1794-III(10) | トップページ | DAC1794-III(12) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAC1794-III(10) | トップページ | DAC1794-III(12) »