« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月30日 (水)

Core 2 Duo E6320(2)

今更ながらXP Pro SP2インストール、Norton Internet Security・Windows Update実行。
互換性や速度でVistaにはちょっと懐疑的。実は会社で使っているWin2Kでも十分。

取り敢えずsuperπ実行。
104万桁:28秒 [31秒:E6400]
3355万桁:32分40秒[32分59秒:E6400]
とキャッシュ増量効いてるのか、わずかだがE6400より早い (^^)v

2007年5月29日 (火)

Core 2 Duo E6320

ASRock ConRoe865PE でもう一台PC組み立てる積りが、半年ほど過ぎてしまった。
といってもIntelの思惑通りCore 2 Duo なかなか値下がりしないせいもあるが。
四月末にキャッシュ4MBに拡張された E6320/E6420 がほぼ同じ価格で発売になり、ようやく買うことにした。キャッシュ拡張といっても、わざわざハードウェア殺していた分復活させてるだけなのだが。
AOpen:MicroATX-NorthWood2.0GHzが最近甚だ不調で、ケース/電源もリプレース。

日本橋で物色した結果、

  1. CPU:E6320
    実はE6420と間違えて買った (^^;
  2. HDD:WesternDigital S-ATA 500GB
    400MB殆ど払底、思い切って500GB。もう一台で1TBか、凄い時代だ。
  3. Case:Antec Nine Hundred
    とにかく安定・強力に冷却+ドライブベイ多いケース欲しかった。
  4. 電源:赤兎馬 500W
    ENERMAX製とのこと。ZIPPYは高くて断念。

を選んだ。合計10数Kg?をキャリー無しで駅まで運ぶのは少々肩凝った。
取り敢えずAGPやメモリも挿して起動してみる。メモリは古いPC2700-CL2.5-512MB*2でメーカーバラバラだが・・・無事起動、ほっとした。
で、ケース前後ファンの青色LED、予想以上に凄まじく派手 (^^;
OSインストールその他、明日以降だ。

2007年5月27日 (日)

次女運動会

朝早くから 関取 席採りに出かける。次女の小学校は近隣マンション殖えて児童数増加、場所採りも厳しくなっている。行事で子供幼い時ほど親が 萌える 必死なのは何故だろう?長女は既に 幼稚園→小学→中学→高校 と大分落ち着いてしまっている。

最近持ち出すのはD1Xばかりだが、久しぶりにD1H + AF75-300/4.5-5.6 で連写!
レンズは\13K安物中古で買い換えたいが、この焦点域 運動会以外使わないし後回しになって結局運動会の都度引っ張り出してる。昔の設計だから大柄で重いし開放あまりピリッとしないが、1~1.5段絞ればマシになる。

物騒な昨今学校側も随分神経尖らせているようで、父兄も必ず入校許可書携行・児童席近くは立ち入り禁止とか色々制限事項も多い。という訳で、写真もPhotoshopのカットアウトフィルターでプライバシー保護してみた (^^;Dsc_3363_m

2007年5月26日 (土)

TRIPATH TA2041A(7)

部品入れ替え。

  1. ダイオードD1NL20UをRL2Zに交換
    16*2本 足削る覚悟してたが、丁度入ってラッキー!
  2. 入力アース側カップリングコンデンサ[C5]をMTFFに交換
    これで信号系の積層セラミック全て排除
  3. 5Vレギュレータを7805に交換
    78L05[100mA]頼りないので7805[1A]に交換
    足の向き逆なので注意!
    5Vを安定化電源という選択肢もあるが・・・

音のキレ良くなったと言うか、鮮明になった印象。
取り敢えずTA2041A改造は ここで終了。
Dsc_3344

2007年5月24日 (木)

備忘録 07May

課題山積みなので列挙してみる。

  1. TA2041A改良
    逆流防止ダイオード交換・電源強化?
  2. DV-S757Aサラウンド本番環境
    NS-2BかスケルトンをIV抵抗に、LPFはマイカ+LM4562?
  3. FOSTEX FW137
    ちゃんとしたエンクローヂャ作成
  4. リアスピーカ調達
    BOSE 101MM早いところ放逐したい
  5. 真空管バッファ
    6111の音 聴いてみたい
  6. daluhmann氏の電源回路
    検証用部品は調達済
  7. DV-S757A Heavy-Tune
    PCM1738 2~4~8個、無事に稼動できるか?

どこかでDAC1794-III入って来るんだろうなぁ (^^;

2007年5月23日 (水)

電流出力DACパラ接続ノイズ

ヒロさん掲示板で拾ったネタ。
現在ヒロさんが鋭意開発中のDAC1794-IIIで、2つのPCM1794出力そのままIV抵抗に接続するとノイズ発生するが、IV抵抗前にそれぞれ51Ω抵抗挟むとノイズ消えたとのこと。また、SONY SACDプレイヤーSCD-XA777ESでもPCM1738で同様に47Ω挟んでから合成しているとの 情報 も もたらされた。
DAC1794-III開発の障害減ったのは喜ばしい。
また、未着手のDV-S757AのHeavy-TuneでPCM1738複数使うの躊躇してたのが大分気が楽になった。

という訳だが、DV-S757A Heavy-Tuneいつ着手できるのだろうか?

  1. TA2041A改良一段落付けて
  2. DV-S757Aサラウンド本番環境出来るころには
  3. DAC1794-III作成に掛かってる予感 (^^;

-------------------------------------------------------------------
追記

["pcm1738" "47Ω"]で ぐぐると、本記事がトップになっていた (^^;
慌てて元ネタのリンク追加する。誘導された方、失礼しました m(__)m
ヒロさん掲示板、ちょっと荒れ気味か?

2007年5月22日 (火)

アイドルマスター XENOGLOSSIA

元ネタのゲーム知らないが、なんとなく視聴中。
舞-Himeスタッフ云々という売り文句だったが、今のところ大きな起伏もなくゆるゆる進行中。絵が奇麗だし、キャラも好み。
桃*月*とかs*l*とか如何にもアニメっぽいキャラデザはどうも苦手。
時間軸弄られると混乱するし。
しかしXENOGLOSSIA、頻繁にペンギン出て来るのが謎 (^^;

で、目黒三吉氏の血豆丼 が とても面白い。

2007年5月21日 (月)

TRIPATH TA2041A(6)

引き続き部品検討中。

以前[ダイオードD1NL20Uはショットキー類のローロスダイオードらしい]と書いたが早合点でFRDのようだ (^^;
特性はtrr=35ns,Vrm=200V,If(av)=1A,Ifsm=25Aとなっている。
Tripath社評価ボードで使われてるMURS120は同様に25ns,200V,1A,40Aだ。
手持ちのRL2Zが35ns,200V,2A,30Aなのでそのまま差し替えられそうだ。
といってもこの基板は穴が細いので作業ちょっと苦労するかも。
RL2Zはフォーム品なので足間隔も合わないかもしれない。

LPFは0.1uFを除去したが、これはTripath社評価ボードと同じ構成。
あと書きそびれていたが、4ch同時に効くmuteはかなり便利。
今のところ電源投入時のポップノイズ気にならないが、いずれ遅延回路投入か?

2007年5月20日 (日)

TRIPATH TA2041A(5)

何点か改造。

  1. 電源電圧を14.4V → 16.6Vに変更
    電源発熱少し収まる。TA2041発熱微増?
  2. 入力抵抗を金属皮膜 → ニッコームに変更
  3. 電解を増量
    3.3uF6.3V → 47uF50V
    680uF35V → 2,200uF35V
  4. 出力LPF変更
    松下?フィルムコン0.47uF3本 → MTFFに変更
    積セラ0.1uF → 撤去

低音増強し、高音も柔らかくリアルになったように思う。

Dsc_3343








5.1chミックスは2chと楽器の定位が違うことが多いのでどれを聴いても新鮮だ。
思いついて NEON GENESIS EVANGELIONTHE END OF EVANGELION 引っ張り出す。改めて聴くと録音イマイチな気もするが、まぁ5.1ch効果でそこそこ楽しめる。
41stxxwzwvl_ss500_00_l









2007年5月19日 (土)

TRIPATH TA2041A(4)

電源組み換え完了。昨晩も作業する積もりだったが寝落ちしてしまった (^^;
トランスはデジット激安品[16V1.6A\350]。実はケースより2mm程背が高かった。
Dsc_3339
ヒロさんディスクリ電源MINI-PLUS基板で14.4V供給。






Dsc_3341
長い放熱板無理やり設置したが、それでも発熱大。TA2041の発熱見ながら16~18V供給に変更するかも。
放熱板、うっかり3mmタップ舐めてしまってやむなく4mmタップ切った。2SD1411A穴広げようとしたが、エンプラ優秀すぎて硬いこと。ステンレス用ドリルでも往生した。

ついでにノートPC用スイッチング電源[16V3.4A]と比較試聴してみた。
やはりスイッチング電源が埃ぽく見通し悪い感じ、音も痩せてで×。
ちょうどDAC1794-woDAIでLM317とディスクリ電源比較した感じに近い。

スピーカは結構良い感じだが、AKG K-501繋いだら あまりの落差に吃驚。
BTL接続でなくなるせいか、インピーダンスのせいか。

2007年5月17日 (木)

ニノミヤ閉店

久しぶりにデジットに部品仕入れに出掛ける。
今週会社事務所移転あり忙しくて目を廻していたが、漸く一段落したところ。
TA2041A-LPF用MTFFとか電源部品とか格安トランス[16V1.6A/\350]とか。

帰り道ニノミヤ閉店のビラを見る。フィギュアや模型主体のホビックスも以前覗いて見たが、雰囲気暗くて居心地悪かった。以前は日本橋にも沢山店舗あったのにもう本店だけになってたのにも今更気づいた。
地下のパーツセンターは6/10まで営業かぁ。ksさんと同じくディップマイカは何度か買った。全容量\136だったか?
日本橋のパーツショップ減るのは非常に残念。

日本橋に家電品買いに来る人が殆ど居なくなったということか。
ジョーシンや喜多商会は大丈夫だろうか?

2007年5月16日 (水)

TRIPATH TA2041A(3)

いつのまにかTRIPATHって倒産してたのか?確か国産アンプにもかなり採用されてた筈。シリコンハウスに[カマデンキット製造中止]と書いてあるのは気づいていたが。
まぁ今や貴重な?ICなので壊さない程度に弄り倒すとしよう

カマデンキットの回路図見ると、まず気になるのが大量のダイオードD1NL20U。調べるとショットキー類のローロスダイオードらしい。
逆流防止用?取り敢えず小信号用との交換は止めておこう。
出力LPFは現状10uH*2・0.47uF*3・0.1uF*1・10Ω*1となっている。
弄るなら 0.47uFをMTFFに交換、0.1uF除去位か。

2007年5月14日 (月)

TRIPATH TA2041A(2)

発熱多いなぁ、とおもったらMAX近い20V供給していた (^^;
慌ててディスクリ電源基板の定数変更して標準の14.4Vに変更した。
データシートによると26Vまでは壊れないようだが。

現状±のディスクリ電源基板使用しているが、+14.4Vのみあればよいのでトランスも含めて見直し予定。
以前、デジアン電源はショットキーの方が良いとの記事があったので、出来ればダイオードも比較しようかな?
アナログと逆の結果が出ればそれはそれで面白い。

2007年5月13日 (日)

TRIPATH TA2041A

以前作成したカマデンキットを引っ張り出した。所謂デジタルアンプICである。
訳分からず作成している時代なので、DALE NS2BやSOLEN等、分不相応?な高級部品使っているのが ご愛嬌 (^^;
元々SWに良いかもとは思っていたが、取り敢えずサラウンド4ch分の音出し。
・・・予想に反して?結構良い。
センターD-11Cも むしろ浪々と上手く鳴らしている感じがする。
不満だったSWも まずまず鳴ってるようだ。

あまり上等でないスピーカにはデジタルアンプの利点出やすいのかも。
Dsc_3337

2007年5月12日 (土)

電流帰還アンプ(9)

状態を確認する。電源は正常、SW側基板は無事、だがセンター側基板死亡 orz
状態未確認のままうっかり数分間通電している間に素子どれか死んだらしい。
今まで発振もせずバイアスも安定してたので油断してた。
代替策を検討中。

2007年5月11日 (金)

電流帰還アンプ(8)

ゲインを弄る。デフォルト19倍をセンター:10倍、SW:35倍に変更。
電源ON! ・・・様子がおかしい?
電源ー側が物凄く発熱、うっかりヒートシンク触って火傷した (^^;
どこかミスったか、ゲイン欲張って発振したか?

2007年5月10日 (木)

FOSTEX FW137(2)

ONKYO D-11C 空き箱に付けて音出ししてみる。
取り敢えずセンターより音量小さい。
D-11Cが感度84dB/W/m・FW137が87dB/W/mなのだが、DV-S757A本体でC:-6dB・SW:+6dBと最大値まで補正してもSW音量不足。
しかし今まで5chでの中央低域スカスカ感が少々埋まった感じがする。
音量補正は電流帰還アンプ増幅率弄るとして、早いところちゃんとした箱で鳴らしてやりたい。

2007年5月 9日 (水)

らき☆すた

忙しくて日記更新滞りがち。
夜遅くの帰宅だとオーディオ工作できないのが腹立たしい。
が、もっと堪えるのが折角録画したアニメが未見のまま貯まっていくことか (^^;
らき☆すた は予定外だったが、OPダンスに惹かれて嵌ってしまった。流石京アニ!
ゆる~い内容なので結構癒されてるかも。のっけから「チョココロネの食べ方/どっちが頭?」「ネギタン塩の焼き方」とかどーでも良いこと延々とやってるからなぁ。

リアル女子高生の娘居る身では、[こなた父]泉そうじろうに妙に親近感覚えてしまう。
でも浴衣の帯は結べないなぁ・・

2007年5月 8日 (火)

FOSTEX FW137

SW用に調達。
標準設定10Lバスレフ箱、取り敢えず貧乏臭くダンボール箱に収めて使用予定。
ONKYO D-11C 空き箱が丁度10L弱 (^^;
推奨のφ40・120mmダクト、 ほぼトイレットペーパー芯と同サイズだし。

2007年5月 7日 (月)

ONKYO D-11C

多分現行最小・最廉価のセンタースピーカ、スペックは こちら
ディスプレイの手前に置きたかったのでサイズ優先で音は期待していなかった。
が、少なくともBOSE 101MMより高域伸びてる。
もっとも容積小さいから中低域こもり気味だし、Deep Purple/Machine Head聴くとRoger Gloverのベースちょっと苦しい。RHINO旧譜の5.1chは殆どベースがセンターだけのMixだったり。
・・・暫くすると、無理やりバスレフポート開けるとか改造してるかもしれない。

2007年5月 6日 (日)

Donald Fagen/Nightfly, Mike Oldfield/Tubular Bells 2003

今日は名作の誉れ高き Donald Fagen/NightflyMike Oldfield/Tubular Bells 2003
どちらもDVD-Audio。僅かでも画像があるとSACDみたいに無味乾燥に感じなくて済む。
やはり5.1chは良いなぁ、と節操も無く云ってみる (^^;

191

618









2007年5月 5日 (土)

5.1ch(8)

いろいろだらだら聴いて一日を過ごす。
検証回路のNJM2114DDでも割りにまともに感じる。
多分不具合も無いので本番回路組んでからLM4562使うかな。
まぁ簡単な回路だし。

流石に昨日の日帰り強行軍で疲労困憊。

2007年5月 4日 (金)

志摩スペイン村

パルケ・エスパーニャで1日過ごした。
Dsc_2073
GWとあって人出も多く、人気アトラクションは120分待ちとか多かった。






Dsc_2163
スウィング・サンタマリア[所謂バイキング?]
頂上から見下ろすと、地面が遠く感じる (^^;





Dsc_2173

ハビエル城博物館。







Dsc_2185
夜のメリーゴーランドもおもしろいかも。







Dsc_2196
上から
フライングドンキホーテ
スウィングサンタマリア
ピレネー
3つとも稼動中・照明全開の状態は意外と撮り難かった。













Dsc_2219
夜のパレード。
山車がキッチュで面白い。

2007年5月 3日 (木)

5.1ch(7)

電流帰還アンプの筐体にLM3886パワーアンプ基板v2押し込めた。
リア試験運用中、現状は電源トランス安物で音イマイチ。

最近は配線材ダイエイ電線ばかりだ。意外に熱に強いし柔らかくて取り回しが楽、で以前使ってたテフロン線よりずっと安い。音の違いは・・・分からない (^^;
スピーカ出力は、おなじく最近NEUTRIKスピコンばっかり。設置場所要らないしスピーカ一瞬で差し替えられるのはとても楽だ。スピーカ端子買う度に悩まなくて良いし。
Dsc_3335_1 

2007年5月 2日 (水)

5.1ch(6)

リア用に以前製作したヒロさんLM3886パワーアンプ基板v2引っ張り出した。
今見るとチープな部品使っているが実用に差し支えないだろう。
位相補正コイルだけは新たにエナメル銅線で巻きなおした。
Dsc_3329

2007年5月 1日 (火)

5.1ch(5)

取り敢えず検証用回路ディスクリ電源に繋いでDV-S757Aで稼動させてみる。
センターに電流帰還アンプ+BOSE-101MMを接続。
オペアンプ試聴とか明日以降だが、結構現状のNJM2114DDでも今までより2chとの繋がり違和感少なく、悪くないかも。
Dsc_3328

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »