« パワーアンプ基板-2(19) | トップページ | ながされて藍蘭島 »

2007年4月12日 (木)

パワーアンプ基板-2(20)

B-E電圧怪しいQ11/Q13/Q15を取替えたら正常に起動、ホッとした (^^;

Q13を2SC3782に交換・放熱板に取り付け、Q20/Q21を2SC5200/2SA1943に交換。
取り敢えずドライバ以前と同じ2SA1476/2SC3782で試聴してみる。
高域・低域とも延びて、見通し広がるような雰囲気がある。低域の歪み感も減った。
幸い発振らしい兆候もない。
ドライバの比較は明日以降だ。

今日はデジットでミゼットヒューズ125V5Aと125V3Aをそれぞれ50本\100でゲット!
在庫処分か、よく使う0.5A~2.5Aは全く無かった。

« パワーアンプ基板-2(19) | トップページ | ながされて藍蘭島 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーアンプ基板-2(19) | トップページ | ながされて藍蘭島 »