« パワーアンプ基板-2(15) | トップページ | 平成風俗 »

2007年4月 4日 (水)

パワーアンプ基板-2(16)

さっそくデジットでドライバ用TO-220探索。取り敢えず根拠無く
2SA1837/2SC4793[東芝,230V,1A,20W,30pF/20pF]
2SB1018A/2SD1411A[東芝,100V,7A,30W,250pF/200pF]
の2種類各2ペア計\950を確保。
やはり大電流流せる石はCob大きいようで、B1018/D1411は発振するかも?

仕様確かめるためにぐぐると どちらも若松でペア\630もする。
流石はボリ松と揶揄されるだけのことはあるなぁ。

ついでに現状の2SA1476ぐぐると、数時間前に書いた自分の記事が日本語の2番目に出てきてちょっと吃驚。
マイナーな石の記事書くと上位に表示されるかも。

« パワーアンプ基板-2(15) | トップページ | 平成風俗 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーアンプ基板-2(15) | トップページ | 平成風俗 »