« パワーアンプ基板-2(5) | トップページ | AF-S DX VR ズームニッコール ED 55-200mm F4-5.6G(IF) »

2007年3月 5日 (月)

パワーアンプ基板-2(6)

バイアス200mA流して仮ドライバ2SA1013/2SC2383の発熱確認する。
出力2SA1943/2SC5200はヒートシンク有りでもかなり発熱するが、ドライバは裸でもそれほど発熱しないようだ。
本番ドライバ2SA743A/2SC1212A[TO-126]は放熱板無しで使うことにしよう。

« パワーアンプ基板-2(5) | トップページ | AF-S DX VR ズームニッコール ED 55-200mm F4-5.6G(IF) »

コメント

着々と進行中ですね!
コメントを楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パワーアンプ基板-2(5) | トップページ | AF-S DX VR ズームニッコール ED 55-200mm F4-5.6G(IF) »