« 電流帰還アンプ/お気楽でないアンプ(2) | トップページ | 1S1588 »

2007年3月19日 (月)

電流帰還アンプ/お気楽でないアンプ(3)

今日も新規作成受け付けられず、やむなくモブログより投稿。

電流帰還アンプは安定してて良いのだが もうちょい繊細さも欲しいところ。
ksさんに電解をフィルムにするアドバイス戴いたので、ニッセイMTFに変更か?

パワーアンプ基板-2 はNさん作例・Rさんコメント・ksさんアドバイスを検討中。
現状Q12/Q14のCob=1.8pF/1.6pFと低めなのだが、出力Trは東芝同系統の低耐圧品がCob低いようで変更予定。ついでに三洋TO-220低Cob品見つけたのでドライバも変更かな。

« 電流帰還アンプ/お気楽でないアンプ(2) | トップページ | 1S1588 »

コメント

どうもパワーアンプ基板-2は高性能を目指しすぎて、位相補償のマージンが少なくなってしまっているようです。
VR1=500オーム、C2=100p、C17=3~5pくらいにすると安定性が向上しませんでしょうか?

R38+C15は付けた方が良いですが、これだけだと片手落ちでスピーカー端子までにLRをつける必要があります。

R.さん、わざわざありがとうございます m(__)m

Cob小さい石選んで組み直す予定で、次はVR1/C2/C17試してみます。
R12/R16/R21のベース抵抗増やすか、Q9/Q15にベース抵抗追加したら安定するのかな?

L+Rは電源基板に指定通りの値で組んでるのですが・・発振してました orz

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 電流帰還アンプ/お気楽でないアンプ(2) | トップページ | 1S1588 »