« Oscar Peterson/We Get Requests | トップページ | お気楽ヘッドホンアンプ(2) »

2007年3月13日 (火)

パワーアンプ基板-2(11)

位相補正[R38+C15]にスケルトン20Ω+ニッセイMTF0.047uF実装。
R38+C15未実装だとRogers LS3/5Aでも時々ボツボツノイズが入ったが、ようやく安心して聴けるようだ。

ここ数日聴いたが、4Bの鉛筆でフリーハンドの素描的な 温かい音と感じている。
対してémeraudeはロットリング使って定規で描いた設計図的 正確な音かな?

それぞれRogers LS3/5A・NS-1000Mとマッチしてるように想う。

« Oscar Peterson/We Get Requests | トップページ | お気楽ヘッドホンアンプ(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Oscar Peterson/We Get Requests | トップページ | お気楽ヘッドホンアンプ(2) »