« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007年2月27日 (火)

パワーアンプ基板-2

今日は専らケース加工進めた。
ヒロさんと同じタカチYM-350をストックしていたので使い回す。
同じくストックのRS-225VAトロイダルを真ん中に配置すると余裕殆ど無い。
予定しているのは、
1)ヘッドフォンとスピーカをジャック抜き差しで切り替え
2)入力2系統リレーで切り替え
3)入力はスケルトン10KΩで受けて、ボリュームに電流流さない
4)ボリュームはジョイントで入力近くに配置
5)電源スイッチ省略
6)スピーカ端子はNEUTRIKスピコン
くらいか。
Dsc_3292

2007年2月26日 (月)

小型コンデンサ用電源TYPE-B

ヒロさんの基板届いたので早速製作に入った (^^)v
今日は取り敢えず電源基板だけ。
ダイオード31DF6、コンデンサLXZ1,000uF/50V[@\20]等。
リレーはラジデパ門田無線で入手したもの。
位相補正抵抗は一応スケルトンにした。
Dsc_3290

惑星・アルルの女

またまたRPO廉価SACD。

惑星 は品薄なのか注文から3ヶ月待たされた。金管頑張ってて迫力OK。
随分と速度緩急つける指揮で、木星中間部のホルンは知ってる範囲で最遅?

アルルの女 はI.カリヨンもダイナミックレンジ広くて○。
が、粒立ちが悪い感じがしてあまり良い録音とは思えない。

しかしこのシリーズ理解に苦しむ選曲の盤 幾つかある。
エルガー「威風堂々」なんで4番だけ?1番が欲しい!
チャイコフスキー「くるみ割り人形」組曲8曲+αなのに「白鳥の湖」5曲だけ?

735748

2007年2月25日 (日)

DV-S757A Light-Tune終了

エージング進行中 (^^)v
折り良く纏めてSACD届いたので片端から聴いている。
今は  Norah Jones/ Come Away With Me
SACDは1枚目だけのようでちょっと残念。

DALE NS-2Bに変更で中低域が充実したので ヴォーカルさらに魅力的に聴けるのが嬉しい。
219

2007年2月24日 (土)

DV-S757A改(4)

IV抵抗は200Ωのチップ抵抗だったのでそのままニッコームに変更した。
当初の予想より良い音がしているので、ちょっと奢ってDALE NS-2Bに載せ換えたい。
が、今の値では他のDACより極端に出力が小さい。クラシックはボリューム最大で良い曲があるほどだ。PCM1738データシートは620Ωで2.2Vrmsとなっているので、大き目の820Ω[2.9Vrms]を選んだ。

かなり込み入った配置なので実装は少々苦心した。
いざ組み立ててるとディスクトレイが開かない orz
慌てて確認するとドライブのハーネスが1本外れてただけだった・・・

取り敢えず正常に動いているので明朝までエージングだ。
Dsc_3285

2007年2月23日 (金)

祝、30,000Hit!

20,000Hitが11月下旬だったので3ヶ月で10,000Hitペースになる。
ついでにデザインも新緑ぽいものに変更している。
最初に記事書いたのが昨年2月、公開したのが5月だったかなぁ。

コメントは最近まで"許可するまで非公開"設定だったが、現在はメアド必須だけに緩めている。
# 自分でコメント書いても許可するまで公開されないし・・

書き込みペースあげて、今後もウダウダ書き続ける予定。

2007年2月22日 (木)

ダイオード(4)

ダイオード(3)は2種類比較しただけなので、引き続きDAC1794-woDAIのDAI/DAC部ダイオードの試聴。

a) FRD - サンケンRL2Z [200V2A]
b) FRD - 日本インター11DF2 [200V1A]
c) SBD - 日本インター31DQ05 [50V3A@デジット\30]

の3種類をa)暫定リファレンスに差し替えて試聴。
試聴CD音源は同じく 「蟲師」のテーマ 他 。

a) vs. b):傾向似てるが、b)が高域伸びない。鐘が少し分厚くなる。
a) vs. c):c)が歪ぽく荒々しい。鐘が割れてる感じ。

通電時間長いa)が有利だし、駄耳での試聴は もともとあてにならないが、a)が雰囲気や音像も一番自然で落ち着いて聴けた。

次はヒロさんの新しいHPAだなぁ。電源用 日本インター31DF6 発注済み (^^)v

---------------------------Feb 23 追記----------------------------

ダイオード(3)と(4)の試聴は、あくまでアナログ電源を FRD - サンケンRL2Z にした場合。
後付けの仮説だが、DAI/DAC部とアナログ部双方のダイオードについて性能/性格 かけ離れていると歪≒違和感あるのかもしれない。

1)DAI/DAC部:SBD → アナログ部:SBD
2)DAI/DAC部:SBD → アナログ部:FRD
3)DAI/DAC部:FRD → アナログ部:FRD
4)DAI/DAC部:FRD → アナログ部:SBD

1)が以前の状態。それなりに満足して聴いていたが、2)のアナログ部 RL2Z にしたらレンジ拡がるものの何かしら違和感あり、DAI/DAC部も弄ることになった。
現在は3)の状態。4)は未着手。
RL2Z と相性悪かった31DQ05 を双方に使えば かなり良くなるのかも。

2007年2月21日 (水)

ダイオード(3)

DAC1794-woDAIのDAI/DAC部・MINIディスクリ電源PLUSのダイオード検討した。
アナログより変化少ない予想で、出来るだけ分かり易いように
1)DAI部を一旦 LM338T[+5V]電源に接続
2)MINIディスクリ電源PLUS[+5V]を
 a) SBD - サンケンRK14 [40V1.7A@デジット\30]
 b) FRD - サンケンRL2Z [200V2A]
の2つ用意し、DAC部を差し替える。
2)のMINIディスクリ電源PLUS2つは同時に作成・同じ期間使用しているのでダイオード以外の差は無い筈。

試聴CD音源は高音冴え渡る良録音の 「蟲師」のテーマ   。

1) + 2)a):DAIがLM338Tに落としたせいか、埃ぽく見通しの悪い音。
1) + 2)b):意外な程はっきりくっきり聴こえる。
予想に反して、ブラインドで誰でも区別できると思う orz
DAI部も2)b)に接続すると、更に滑らかに鳴っている。

RK14 が よほど音質悪いのか、ダイオードは無関心に安いSBDを選んでいたが 今までかなり損した気分だ。
同じSBDでも日本インター21DQ10/31DQ10あたりはもっと良いのかもしれないなぁ。
今日はDAI/DAC電源の重要性を再認識した次第。

ココログ "フリー"

名前どおり、無料で使わせて戴いている m(__)m
しかし私のようにアフィリエイトすら貼った事無い人間の運営費はどこから捻出されているのだろうか?amazonの商品なら貼れるらしいが、私はSACD等 殆どHMVで注文しているのでわざわざ改めて探すのも煩わしい。というよりも拙文を読んで戴いている方々に失礼と思う => ワンクリック詐欺 アフィリエイト。

やはりココログのブログ訪問する人が増えること自体が原資となりうるのだろうか?
私自身は、他ブログのアフィリエイトや広告サイト殆ど踏んだこと無いのだが。

2007年2月20日 (火)

ダイオード(2)

DAC1794-woDAIのアナログ用ディスクリート電源ADのダイオードをSBD-RK14 [40V1.7A@デジット\30] から、FRD-サンケンRL2Z [200V2A] に交換。
高域に伸びが良くなり、全般的に より緻密になった印象。
今までの音がスカスカに想える。ヴォーカルの表情が良く見えるかも。
多分電解換えるより効果大なり。

・・・ディジタル電源はSBDとFRDどちらが好ましいか、明日以降試すとしよう。

2007年2月17日 (土)

NOVAC EntaVision ML

DV-S757Aの画像見れないと不便なので アップスキャンコンバータ 導入した。
古い19inch-EIZO液晶ディスプレイを切替器経由でPC3台で共用してたが、これでDV-S757A映像も見れる (^^)v
上位機種はDVIも憑いてるのかな?PCしかない部屋では設定もままならないし、DVD-Audioのメニュー選択できないのは致命的だ。初めてDV-S757A設定画面見たが、今までSACDは5.1chエリアの2chだけ聴いていたことが判明 (恥
画質は期待していなかったが、Sビデオ入力-SXGA出力はDVD-PC再生と同レベル?で19inchディスプレイならあまり遜色ないと思う。
今日はDVD-Audio版 323 Steely Dan/ Gaucho

2007年2月15日 (木)

ダイオード

ヒロさんの新パワーアンプリリースも近そうなので、ファーストリカバリーの物色中。
今までショットキーバリアばかり使っていたのだが、音の変化確かめたくなった次第。
テクニカルサンヨー在庫リスト片手にシリコンハウス→マルツ→デジットと巡回。
デジットで思いがけずAさんに遭遇。昨年7月のDAC試聴オフミ以来であった。

Aさん:「ブログ拝見してます」→汗顔の至りっす (^^;
で、「ショットキーよりファーストリカバリーが高音伸びますよ」とアドバイス戴く。
ありがとうございます m(__)m

デジットではAlps製電動7連ボリューム\200を2個捕獲。AVアンプ用か?
見るからにショボいボリューム憑いてるが、最悪でもモーター部分は別のボリューム駆動に使えるかも。
龍一さん・はむさんの書いてた復活在庫2SAは、定番NECローノイズのあれかな?
確か暫く見かけなかったような。hFE分別したのがまだ残ってるので今回はパス。

ぐぐるとファーストリカバリー・ショットキーバリアとも日本インター製の記事が多そうだ。
ヒロさんによると小型コンデンサ用電源は2A程度のランド径とのことで、31DF4の足削るか、素直に11DF2使おうかな?
日立や東芝も種類多いのにオーディオ関係ではあまり使われてなさげ??

2007年2月13日 (火)

TDA1541A SINGLE NOS DAC(3)

引き続き悪戦苦闘中。

PCやDV-S757Aの光出力に繋いでみた。が、まだノイズ聴こえる orz
同軸出力のときと同様、無音の時は聞こえないエコーぽいノイズ。
高い電圧掛けた覚えないのだが・・・
そういえばDAC63S電源に繋いで試聴中、再電源投入直後 OPアンプ弾け飛んだことあった。すぐにOPアンプ差し替えて異常は無かったように思うが。
NJM5532DDやLM4562に差し替えても同様のノイズあるので、TDA1541Aやられてるのかなぁ・・
TDA1541Aの予備無いので確認できない orz

2007年2月12日 (月)

DV-S757A改(3)

取り敢えず電源配線して蓋を閉じた (^^;
電源インレット2Pだったので、わざわざオヤイデで買った安物3P[\200]に交換。
# 隣のラジデパ3F門田無線で同じものが\120だった orz

電源とLM4562も馴染んだと想うのでDAC1794-woDAIと比較しつつ試聴中。
同じCDだとDAC1794-woDAIに近いダイナミックさも感じるが、ドンシャリ気味・ヴォーカルやピアノの表情薄いのが分かる。と言ってもSACDだと もともとフォーマット優るし、現状でも低音量感たっぷりしてて悪くないのも確かだ。
予定しているPCM1738-8パラ・ディスクリ電源・ディスクリOPアンプ化でもう少し化けてくれると嬉しいのだが。
今日は 上原ひろみ Another Mind 聴いている。
048

2007年2月11日 (日)

Sacred Rhythm of BALI

どうも最近World系の音源が多い。
以前からバリ島のガムラン・ケチャに興味あったのだが、DSDレコーディング且つツトム・ヤマシタ プロデュースの SACD あったので注文した。
DV-S757A改造も一段落したので やっと聴いている。
・・・いやはやなんというのか、リラックスしてα波出そうで とっても良い (^^)v
ガムランも好きだけど、ケチャが素晴らしいなぁ。
短めの曲をタイミング良く繋いであって飽きないのも良い。

159

珍しくCDとSACDが別売になっている非ハイブリッド盤。
SACDハード殆ど普及していないのが現状なんだし、ハイブリッドが厭なら SACDにCD同梱するのが筋だと想うが?SACD旗振り役のSONYが この調子では、いずれSACDも廃れるのではと危惧してしまう。

2007年2月10日 (土)

DV-S757A改(2)

OPアンプをLM4562-SOICに交換。
ディスクリ電源MINIから±15V引いて、チップタンタルでデカップリング。
しかしやっつけ仕事つーか、無計画に増設したのがバレバレだなぁ。
右が差動出力部の拡大写真。
できるだけ低く設置したのだが、本体から少し基板浮いてるのは御愛嬌 (^^;
Dsc_3277Dsc_3279






取り敢えず増設したトランスはソケット直結して、
定番の Waltz For Debby 試聴中。502











LM4562と電源の効果か、 細かい雰囲気も良く分かって悪くない。
なんとかラジカセ/ミニコンポ並みから、オーディオのレベルに出来たかな?

着手してから半年近く経過したので、DV-S757A改造過程のアルバム纏めて追加した。

2007年2月 8日 (木)

TDA1541A SINGLE NOS DAC(2)

引き続き試行錯誤中

DAC63Sの同軸出力に繋いだがノイズ載ってる orz
無音の時は聞こえない、エコーぽいノイズなのでダンピング抵抗試す。
100Ωはダメ、3KΩ半固定でギリギリまで絞る・・・まだノイズ聞こえる orz

取り敢えずLM4562はNJM5532DDよりハッキリクッキリした音のようだ。
次は光TTL入力試してみるかぁ・・

2007年2月 7日 (水)

作業中

昨晩遅く、というか今朝早くまでいろいろ弄ってた (^^;

1)TDA1541A SINGLE NOS DAC:
 DAC63S[PCM1704]電源に繋いでPCのS/PDIFを接続・・・酷いノイズ orz
 電圧正常だし?OPアンプ変えてもノイズ変わらないからTDA1541死んだか???

 先ほど気付いたが、今まではDAC63Sの同軸出力を繋いでいた。
 a) PC-S/PDIF-GNDが非アイソレートでノイズまみれ
 b) DAIのCS8414CSがノイズに弱い
 c) DAC63Sの同軸出力はパルストランスでGND絶縁してる
 のa) +b) +c)だと辻褄が合うなぁ。早速今晩試さなくては。

2)DV-S757A改:
 前回いい加減な配線していたOPアンプを除去、LM4562-SOIC交換作業中。
 ディスクリ電源MINI用に本体基板に3端子ソケットを増設済。
 LM4562はDIP変換基板に載せて本体基板から浮かし、
 本体基板の電解使えないし狭いので、チップタンタルでデカップリング予定。
 電源周辺も悩ましいが、なんとか早くLM4562でSACD聴きたい。

2007年2月 5日 (月)

TDA1541A SINGLE NOS DAC

以前作成していた ElectrArtさんTDA1541Aキット の部品入れ替え。
部品代けちって IV抵抗ニッコーム・LPFデジット\30スチコンだったのを、DALE NS-2Bと銅箔スチコンにグレードアップ。
LM4562での試聴は明日以降だな・・・・
Dsc_3274

2007年2月 4日 (日)

DAC1794-woDAI (11)

手始めにIV抵抗パラコンデンサをシーメンス→ ERO KR1830に交換。
取り敢えず早速鳴らしてみる。
レンジそのままに高域透明感増した・低域少しタイトに引き締まった。
予想以上の好印象で、LPFコンデンサ8個全てERO KR1830に交換した。
よりレンジ広がり低歪になったかも。これで一旦終了としよう。

しかしERO KR1830よく見ると刻印とマークの方向がバラバラ。
まぁ、そーゆー些細な事は日本人以外気にしないのかも。
Dsc_3270

2007年2月 2日 (金)

DAC3台?

現在考えていること。

1)ヒロさんDAC1794-woDAI:
 LPF ERO KR1830に交換予定。
 ダイナミックレンジ広大+高分解能な音になるか?
2)electrartさんTDA1541:
 IV抵抗NS-2B、LPF銅箔スチコン、OPアンプLM4562に交換予定。
 ヴォーカル向き まったりパワフルな音が狙い。
3)ヒロさんDAC63S[PCM1704]:
 IV抵抗NS-2Bに交換予定。LPFディップドマイカ、OPアンプAD8065。
 クラシック用 繊細な音を目指す。
 そういえばデジフィルバイパスも考えてた。
 それだとDAIはDAC1794-woDAIと共有できてしまう。

上記DAC3台をリレー切り替え、6111バッファ通して Jinsonさんリモコンアッテネータ基板に繋ぐ。
+ khimairaさんのémeraudeなら同じケースに収まるかも。
# 呉越同舟?

TDA1541はpingさんSRPP-IV回路 も試してみたいしB電源は daluhmannさん回路 面白そうだなぁ・・・
ヒロさんの新アンプも気になる。
をっと、DV-S757A改も途中だった (^^;

2007年2月 1日 (木)

今日も秋葉原

本日も東京出張、早速秋葉に凸撃 (^^)v

収穫は、
サンエイ:サブミニチュア管6111*10。バッファとかSRPPとかHPAとか
門田無線:リレー何個か
海神無線:DAC1794-woDAI LPF用 ERO KR1830、
      electroartさんTDA1541  用 NS-2Bと銅箔スチコン
鈴商:LED+格安ショットキーバリア

DAC3台同じケースに押し込められないかと画策中。

千石:目ぼしい物無く、馬鹿店員達が仕事もせず大声でY談に興じてて呆れかえった。
デジットとかの清々しさとは雲泥の差。品揃え良いわけでもなく、今後逝く価値無いかも。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »