« DAC1794-woDAI(5) | トップページ | ASRock-ConRoe865PE(2) »

2006年10月 3日 (火)

ASRock-ConRoe865PE

画像/動画処理PCが4年経過、流石にそろそろ更新考えないといけない。
DV2時間分のDVD-mpeg2ソフトトランスエンコードが数時間掛かるし・・・
AsusのP4PEで永らくPen-IV 2.0GHz→2.66GHzクロックアップしてたが、最近は頂き物の3.06GHz使ってた。
とは想いつつ、最近のMBはメモリ[DDR→DDR2]もグラフィック[AGP→PCI-Express]も互換性無い物ばかりでなかなか踏み切れなかったが、最近手頃なMB [ASRock-ConRoe865PE] が出たらしい。
DDRとAGPが使えてPCIスロット5本、でも最新のCore 2 Duo使えるとのこと。
欲云えばS/PDIFとIEEE1394欲しいところだが値段も安いので贅沢は云えない。
要は旧世代チップセット[865PE]をクロックアップしてあるらしい。枯れた石だからお遊びも出来ると云うことか。非Intelチップセットなら誰も買わないだろうなぁ。
ASRockというとCPU差し替えとかCPUソケット2つのキワモノMBメーカーと思っていたが、私のような貧乏人にも優しいとは恐れ入った。評判調べたが更なるクロックアップ成功例もあり、逆にクロック落とさないと安定しないとの報告もあった。
面白いことに秋葉原では売り切れるほどなのに日本橋では不人気らしい。大阪人は意外と安定志向なのか?こういったニッチな物は取り逃がすと後悔するので早速確保に走った。
まずはCore 2 Duo E6400 [2.13GHz,FSB=1066MHz]を控えめの2GHzで安定稼働目指すとする。

久しぶりのMB入替えは結構面倒で手間取ってしまった。
XPインストール直後のsuperπ104万桁が35秒。
入れ替え前 Northwood3.06GHz で104万桁=57秒だったので倍近い劇速!である。

ちょっと使っただけだが2GHzでは全く安定してるようで、正規の2.13GHzあるいはクロックアップしても案外大丈夫かもしれない。

« DAC1794-woDAI(5) | トップページ | ASRock-ConRoe865PE(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAC1794-woDAI(5) | トップページ | ASRock-ConRoe865PE(2) »