« DV-S757A:Light-Tune顛末 | トップページ | DAC1794-woDAI »

2006年9月21日 (木)

Second Thoughts / Second Move

フュージョンコンボPRISMの2枚目アルバム、SACDでのリマスター盤出てたので懐かしくてポチってしまった。CASIOPEAもPRISMと同世代だ。
発売当時1977年は、まだ高校生でフュージョンブームの真っ最中だった。
当然CDなど無いのでSONYのシステムコンポでLPを繰り返し聞いていた。LP盤はちょっとリミッター過剰気味のレンジ狭いリミックス/マスタリングだったと思う。その辺はリマスタリングで若干改善している。

和田アキラ氏のAl Di Meolaばりの熱いラテンギター、渡辺健氏のフランジャー掛かったメロディアスなフレットレスベースが圧巻 (~~)v
7曲目の大曲"Beneath The Sea"はゲストに村上"ポンタ"秀一氏迎えてのツインドラム。
何時聴いても物凄い迫力で ついつい音量を上げてしまう・・・

200

« DV-S757A:Light-Tune顛末 | トップページ | DAC1794-woDAI »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DV-S757A:Light-Tune顛末 | トップページ | DAC1794-woDAI »