« DV-S757A:Light-Tune放熱対策 | トップページ | Second Thoughts / Second Move »

2006年9月20日 (水)

DV-S757A:Light-Tune顛末

勘違い発見 orz
今朝になって気づいたが、ノイズは電源電圧が高かったからに違いない => 早く気づけよ、俺 orz

基板上シルクで[V+12V]表示を確認していたので±12Vと思い込んでいたが、直接確認はしてなかった。エージングの積もりで一晩中電源入れていたが、確認すると見事にノイズだらけになっている。どうやら完璧にAD8066焼いたようだ。一度ならず二度もやってしまった orz
AD8066のご利用は計画的に・・・

で、いざ×となると現金なもので、逆にSACDが聞きたくなってくる。
会社帰りにシリコンハウスに駆け込んで取り敢えずのSOPデュアルオペアンプを捜した。
店頭にはRohmとJRCの4558しか見つからず、なんとなくRohmを買ってきた。
早速交換作業行う・・・三歩進んで二歩下がった感じだが、ちゃんと音は出る。
悔しいので、Heavy-tuneも早いとこ片づけるとしよう。

Dsc_3054

« DV-S757A:Light-Tune放熱対策 | トップページ | Second Thoughts / Second Move »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DV-S757A:Light-Tune放熱対策 | トップページ | Second Thoughts / Second Move »