« リモコンアッテネータ基板 | トップページ | DV-S757A:Light-Tune放熱対策 »

2006年9月17日 (日)

DV-S757A:Light-Tune完了

なんとか既存PCM1738にバイパス敷設したのでDV-S757A組み立てた。
SSOP周囲から多分なんとか繋ぐことができた。
Dsc_3049







早速SACD鳴らしてみる。1時間ほどの通電で歪み無くなり、まともな音になったようだ。
改造前は低音スカスカで、正直触る気にもならなかった。
現在まだ電源ヘボいので分解能は少々劣るものの、少しダイナミックで元気な感じが出てきた。これがPCM1738のキャラクターなのかな?
まぁラジカセ→ミニコンポ程度は進歩したのではないだろうか。

手許に死蔵していたSACDを掛けてエージングに努める。
次はHeavy-Tuneだな・・

« リモコンアッテネータ基板 | トップページ | DV-S757A:Light-Tune放熱対策 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リモコンアッテネータ基板 | トップページ | DV-S757A:Light-Tune放熱対策 »