« DAC63-4D(12) | トップページ | 2006山荘オフミ »

2006年7月28日 (金)

DAC63-4D(13)

真空管バッファ/ヘッドフォンアンプ、MUTE基板の配線終了。
MUTE基板にリレー2個載せて、全体のMUTEと真空管バッファON/OFF切り替え+前面パネルLED点灯させている。

アナログ部分ほぼ終了したので、無謀にも昨晩ASRC基板製作開始 (笑
今や貴重品となりつつあるDIR1703他SSOP4個あるが、ハンダ付けも随分慣れてきてて意外に短時間で作れた。
別基板に低ドロップ3.3Vレギュレータ載せて5V+3.3Vを供給、幸いにもどうやら一発作動してるし74HC157-切り替え+74AC04-LED点灯も巧いこと逝ってる。
ただちょっとノイズ載るので今晩ダンピングコンデンサ追加せねば orz
明日オフミなのだから、本当の泥縄だ (笑

状態表示LEDは前面パネル左から、
1) 電源ON数秒後MUTE解除=>青LED点灯
2) 真空管バッファON=> 赤LED点灯
3) ASRC ON=> 緑LED点灯
の3色とした。どうせなら青・黄・赤にすれば良かったが黄色の色合い気に入らなかった。

最近、青色他の高輝度LEDも安くなってるが[5Φ\50~:デジット]、パネルに使うと照射角度狭く視認性が悪い。逆に正面から見ると眩し過ぎたりする。
シリコンハウスにLED光拡散用キャップがあったので使ってみたが、これだと斜めからでも発光確認できてなかなか良い。中身のLEDと大差ない値段が難点か。

« DAC63-4D(12) | トップページ | 2006山荘オフミ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAC63-4D(12) | トップページ | 2006山荘オフミ »