« DAC63-4D(11) | トップページ | DAC63-4D(13) »

2006年7月24日 (月)

DAC63-4D(12)

ようやく仮稼働させることができた。
通電直後で荒削りだが、とにかく分厚い音は流石PCM63P[K]差動4パラ*2だ。
TC9245-DAI[とASRC基板]を切り替えるように74HC157で回路組むのに手間取ってしまった。
ASRC基板は未着手。
それ以外は真空管バッファ・真空管ヘッドフォンアンプ・MUTE回路基板の設置と配線程度でようやく終点が見えてきた。

Dsc_1427

« DAC63-4D(11) | トップページ | DAC63-4D(13) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAC63-4D(11) | トップページ | DAC63-4D(13) »