« DAC63-4D(9) | トップページ | 真空管バッファ Vol2 »

2006年7月10日 (月)

DAC63-4D(10)

勘違い発見 orz

> 今 h_fujiwara_1995さん のDAC1704-4D用DAI基板の再作成が進んでいるようで気になっている。
> DIR1703+DF1704で構成はDAC63SのDAIに近いが、ノンオーバーサンプリング切り替え機能もあるらしいので。

と思い込んでいたのだが、DIR1703にはPCM63Pで必要な20Bit右詰フォーマット出力する機能は無かった。
対してデジフィルDF1704は、データフォーマット16/18/20/24Bitから選択する機能がある。
つまりDAC1704-4D用DAI基板はDAC63-4DではDF1704-20Bit出力としてしか使えないようだ。
20Bit右詰フォーマットが出力できるDIRは例えば旭化成AK4117なんてのもあるようだが、自作はレベル高すぎる・・・
h_fujiwara_1995さん ASRC基板あれば20Bit右詰フォーマット出力できるし、現在組み立ててるTC9245-DAI基板と切り替え出来るように工夫してみよう。

また、DAC1704-4D用DAI基板の回路図見てたら、DAC63Sのリクロック基板周り弄ればノンオーバーサンプリング切り替え機能追加出来そうなことに気付いた。
PCM1704のリクロックでの音質差は私の駄耳では全く分からなかったが、ノンオーバーサンプリングは如何に??

« DAC63-4D(9) | トップページ | 真空管バッファ Vol2 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DAC63-4D(9) | トップページ | 真空管バッファ Vol2 »