« Sijosae Satri-circuit Headphone Amp v1.4(3) | トップページ | お気楽でないPA/電流帰還パワーアンプ基板 »

2006年6月14日 (水)

DAC63-4D(3)

マニュアル アップされたので部品調達してきた。
折角なので、組み立て前に写真撮ってみた。
Dsc_1367
やはり基板は188*104mmもあると結構大きい。
2枚でステレオとは豪快である。





Dsc_1370
PCM63P[K]とソケットが16個。
気づかなかったが、PCM63Pは嬉しいことに同一ロットのようだ。




Dsc_1375
コンデンサその他も数が多い。
DAC周辺のコンデンサはOSにするか悩ましいところだが、
今回はMUSE16V/100uF[左下:64コ]に積セラ1uFをパラることにした。
ついでに電解は金色MUSEに統一した。

そういえばOPアンプは手許のAD8065にするか、これまた悩みは尽きない。

IV抵抗はスケルトン・アナログ抵抗はニッコーム、LPFはディップマイカ or スチコンの予定。

DAI基板のTC9245とPD00601秋月に発注済み。
デジフィルがDAC63S[DF1704]と異なるので、リクロック効果が分かりやすいのを期待している。

ケースは前回DAC63Sの大きめのケースを使い回し、真空管バッファ+ヘッドフォンアンプ幾つか押し込めようと考えている。

« Sijosae Satri-circuit Headphone Amp v1.4(3) | トップページ | お気楽でないPA/電流帰還パワーアンプ基板 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Sijosae Satri-circuit Headphone Amp v1.4(3) | トップページ | お気楽でないPA/電流帰還パワーアンプ基板 »