« RE2:AD1860 | トップページ | AD1860差動5パラ試聴 »

2006年5月18日 (木)

RE3:AD1860

取り敢えず差動5パラまで配線してテスト稼働中。-5Vで約230mA流れている。
1列ずつ実装していくと音が大きく且つパワフルになるのが実感できる。
週末にはDAC63S[PCM1704]と比較試聴できるかな?

Dsc_1187








以前、AD1861[8pin:NC]のデータシート[Pin-compatible with AD1860]の記述鵜呑みにして
> 消費電力の関係か8番ピンは-5Vに繋ぐ必要が無かったorz
と書いたが、AD1860は8番ピン-5Vに繋ぐ必要あった orz
お陰で配線のやり直しで手間取ってしまった。

基盤の配線は思い切って亜鉛メッキ銅単線+熱収縮チューブでやったら非常に楽だった。
通常の被覆線だと末端処理で断線するし、バラケ無いように半田するだけで疲れてしまう。

« RE2:AD1860 | トップページ | AD1860差動5パラ試聴 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RE2:AD1860 | トップページ | AD1860差動5パラ試聴 »