« RE:PWB-PI50A | トップページ | RE:AD1860 »

2006年5月 4日 (木)

AD1860

DACチップは難しい。DAC63SのPCM1704はクリアで素晴らしい音だが、@\4-5Kと気楽に買える価格ではない。NODAC2系のPCM1700は音が抜けないというのか分解能が低い感じがする。16bitから20bit位の安いDACチップで良いものないのだろうか。
ここで、以前からAnalogDevicesのAD1860が気になっていたので試してみようと想った。
デジットで@\300と格安の18bitDACチップである。16個でもPCM1704程度の出費だ。
どうせなら差動4パラ位で使いたいが、18bit差動ならNOSDAC2があるのでドーターボードに載せれば良いことに気づいた。母板のDAC部分に給電しなければ良いのである。

早速、1パラというのか4個だけユニバに載せてみた。
NOSDAC2ではPCM1700はステレオチップなので2個で1パラ相当になる。
Dsc_1182







取り敢えず以前の三端子電源と在り合わせのオペアンプで聞いてみたが、予想以上に良さそうだ。
真空管バッファと組み合わせたくなる芳醇かつクリアな音が欲しいのだが結構近いかもしれない。
4パラ組んで、電源やオペアンプ検討する予定だ。

« RE:PWB-PI50A | トップページ | RE:AD1860 »

コメント

相変わらず凄いペースで作っていますね!
遅い私はただただ感心するだけです。

AD1860とPCM1704、比較を楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« RE:PWB-PI50A | トップページ | RE:AD1860 »