« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月29日 (土)

Sijosae Satri-circuit Headphone Amp v1.4

またSijosae氏の作例なのだが、Satriアンプらしい。

実際のSatriアンプの回路は知らないが、これはFET入力・カレントミラー2段・LED定電流ダイアモンドバッファでちょっと面白そうである。
Tr16本/チャネルと多いが、2SA933/2SC1740使って出来るだけ小さく組むつもりだ。

20DL5

ヒータ電圧・プレート電圧とも20Vのサブミニチュア管。
データはここを参考にさせて頂いた。

Dsc_1152
しかし、ご覧のとおりとても小さくて可愛らしい。
箱入りのせいか古びた感じもしない。

測定器の初段とかに使われてたのか?



さっそくヒータ電源用意してSijosae iHybrid Nano IIに組み込んでみた。
足を間違えて慌てたのは秘密である。

Dsc_1160
・・・思ったより違和感ないかも。






特性が6922とまるで違うが、あっさり鳴って一安心。
6922より低域あっさりのとても繊細な音で、録音ノイズの質まで分かりそうだ。
しばらく6922と差し替えながら楽しむとしよう。

2006年4月20日 (木)

DVD-Audio

詳しいわけでもないが最近Jazzばかり聴いている。
古い録音を24bit/192KHzリマスタリングしてるレーベルがあり、何枚か持っている。


もっともPC-WinDVD7再生なので裏面の24bit/96KHz迄しか再生できないが。
50年近く前の録音を自作のDAC・真空管アンプで聞くのもなかなか乙である。

願わくばDVD-Audioもっと普及して欲しいがSACDとやりあってる上に、もう次世代規格なのだから再生環境が無くならないことを祈るのみだ。

2006年4月18日 (火)

RE2:Sijosae iHybrid Nano II

数時間通電で明らかに歪みも減った。低音不足気味だが非常に繊細な音だ。
SOVTEK6922/PhilipsECG6922/Svetlana6N1Pの3本を差し替えてみたが、間違いなくSOVTEK6922が良い。Philipsは寝惚けた音になり、Svetlanaは更に非道い。
P-K電圧が18Vしかないので低電圧での性能差が出ているのだろうか。
ということは、動作電圧の低い6DJ8だともっと良い音がするかもしれない。

2006年4月17日 (月)

PWB-PI50A

もっと毛色の変わった電流駆動ヘッドフォンアンプもあるらしい。
[Distortion + 和風]氏のPWB-PI50Aで、Bon-Noh Circuitの銘も面白く次の目標としたい。
初段はストックの2SC1845/2SA992で間に合いそうだ。
サトー電気を確認したが、中段:ストック2SC1815/2SA1015 or ローム2SC1740/2SA933購入、終段:ストック2SC2383/2SA1013 or NEC2SD1818/2SB1217購入を迷っている。
個性強いようでAKG K501ちゃんと鳴らせるか未知数だが、ひょっとしたらROGERS LS3/5Aうまく鳴らしてくれるかも知れないのでケチらずに部品揃えようかな?

2006年4月16日 (日)

RE:Sijosae iHybrid Nano II

取り敢えずほぼ回路図通り作ってみた。
先日作ったカソードフォロア+SEPPとは随分音色が違う。
Sijosaeが高音域に偏る+分解能上のようだが、エージング不足のせいか少し歪みぽいかも?。

Dsc_1139_1

2006年4月13日 (木)

ダイアモンドバッファ

ひょっとしてダイアモンドバッファってヘッドフォンアンプのトレンドだったのか?
今更さいたま氏やGreenThumb氏の回路図見てるけどやはり真空管使いたいし、かといって複雑になるのは厭なのでSijosae氏回路少し弄る程度で済ませるかなぁ。

2006年4月12日 (水)

Sijosae iHybrid Nano II

韓国Sijosae氏の作例で、小型双三極管6111+ダイアモンドバッファの小型ハイブリッドヘッドフォンアンプらしい。そのまま6DJ8/6922に置き換えて作れそうなので挑戦予定。
併せてダイアモンドバッファの回路図をいろいろと捜して見ている。

2006年4月11日 (火)

真空管ヘッドフォンアンプ

Dsc_1129真空管バッファ用にB電圧・ヒーターもあることだし、真空管ヘッドフォンアンプもついでにでっち上げた。
いろいろ捜した挙げ句、きむらてつ様「情熱の真空管」のカソードフォロア+LED/CRD+SEPP回路を使わせて頂いた。

通電後少し遅れてLEDが点灯して大変美しい。
わざわざ青色LED揃えた甲斐があった。
分解能も良く素直な音だが低域量感物足りなかったので、終段にMUSE2200uF電源デカップリング追加した。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »