« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006年3月30日 (木)

AKG K501

2万円前後のヘッドフォンで評判良さそうな3つをピックアップ、ヨドバシ梅田で試聴してみた。
1)ULTRASONE DJ1PRO
2)AKG K501
3)audio-technica ATH-A900
・・・密閉型の閉塞感が好きでないため、一番自然な音に感じたAKG K501を選んだ。
DJ1PROも活きの良い音だが人工的な印象が強かった。

まだエージング中だが大きさの割に軽いし、低音から高音まで音のバランスも良く、なんといっても分解能高い。装着感自然で外見もそこそこ高級感有って悪くない。

DAC真空管バッファの球を取り替えつつ試しているが、どちらにしても球の音質差は少ないように思う。
現時点ではスヴェトラーナ6N1Pが好ましく感じる。これだけ倍近くヒーター電流大きいため早く暖まるのかもしれない。

2006年3月29日 (水)

真空管ドライブMOS-FETパワーアンプ

EMISUKEさんにお願いしていた真空管ドライブMOS-FETパワーアンプ基盤セット届いた。
初段WE396A/ドライブFET/終段MOS-FETのアンプ+真空管電源+保護回路で、部品類は徐々に集める予定。
午後は東京で会議だったので終了後早速秋葉原へ。クラシックコンポーネンツでPhilipsECG6922とGE5670、海神無線でDALE NS-2Bとアンプ用フィルムコンデンサを入手。

2006年3月28日 (火)

真空管バッファ作成

DAC真空管バッファを検索していたら”EMISUKEの電子工作部屋”の回路図に行き着いた。
無断で使っては申し訳ないのでEMISUKEさんに恐る恐る使用許可メール出したところ快諾頂いたので有難く使わせて貰っています m(__)m

手許にWE396A/東芝5670、スヴェトラーナ6N1P/SOVTEK6922集まったので、B電圧は33Vツエナー*5本で165Vのつもりが誤差で約155Vになった。6DJ8入手したらB電圧はツエナー減らして100~120Vとしよう。
ヒーターは面倒なのでACでいいや、と思ってたが却って配線の引き回しが面倒で三端子安定化。トランスはデジットで7.5V0.8A\350の激安品。

事前に改めてNOSDAC2-Lite[PCM1700*2]弄り廻したが、どうも抵抗IVは迫力感じられずOPアンプ1個IV/LPF兼用に改造した。
愛用のタカチ薄型ケースは厚さ50mmしかないので真空管は寝かせて設置。
NOSDAC2-Liteに真空管基盤用プラグと周辺回路を組み込み稼働させてみる。
真空管基盤は5670系と6922系両方用意したので自由に差し替え出来るのだが・・・手許の安物ヘッドフォンは分解能低すぎで違い殆ど分からない orz

取り敢えず球に通電してエージングしながら分解能高いヘッドフォン捜すとしよう。
Dsc_1115

2006年3月13日 (月)

RE:真空管バッファ

Dsc_1112取り敢えず6N1PをNOSDAC2-Liteに接続してみた。
・・・12~18Vの低電圧で音は出るが、やはり音量が小さい。
とはいえさほど歪みぽくなく、音域バランス崩れた感じもない。

6DJ8やECC88なら12~18Vでも もっとちゃんと鳴るだろうなぁ。
どれにでも使えるよう、150V前後の電源作ろうかな。

2006年3月10日 (金)

真空管バッファ

TDA1541ノイズも未解決なのだが、今度はDAC真空管バッファを試したくなった。
現在NOSDAC2-Lite[PCM1700*2]を休眠させているが、これはシンプルな抵抗IVに様々なオペアンプバッファの変化を楽しむというコンセプトのDACだったのでこれで試すこととする。ユニバ部分大きくてうまくすれば真空管ソケットも同じ基板上に組めそうだし。
TI/BB系の真空管バッファあまり作例見ないのも面白い。
今回は6DJ8/ECC88/E88CC系を試したい。

デジットはJJ/E88CC売り切れ。しかしどちらにしても\1,600はちょっと高い。
でも激安多出力トランス\500とユニバに刺さりそうな細足ソケット@\100を確保。

真空管確保に、やむなく東京真空管商会へ。
ここは狭い店内に常連さん たむろしてて入り易い雰囲気ではないのだ。
6DJ8系は松下\2,500位しかなく、取り敢えず互換性が高いと云われるスヴェトラーナ6N1P\800買ってきた。

帰って調べると、どうも6N1Pは高耐圧管のようでプレート電圧/電流特性が大分違う。
6DJ8はEb=20V[Eg=0V]と低いプレート電圧でもIp=5mA流れるが、
6N1Pは同じ条件だと70V掛けないといけないようだ。20Vだと1mA程 orz
だが、20V前後では5670/407Aと同等の特性みたいだ。
まぁめげずにバッファ組んでみよう。

6DJ8/ECC88系または5670系はいずれ入手予定。

2006年3月 8日 (水)

RE:タクミ商事

注文してたオペアンプが到着。しかし、送って来た箱の大きさが半端じゃない。
たかが数mmのオペアンプ何個か送るのに、長さ1m超の長い箱!目を疑ってしまった。
箱開けると、長いレール2本にAD8065/66が分けて入れてあった・・・
B to Bが主なのだろうか? 馬鹿馬鹿しい程 杓子定規で、ひょっとしてなかなか侮れない会社なのかも。

2006年3月 6日 (月)

お気楽ヘッドホンアンプ

入力カップリングはシーメンスのフィルムに取り替えた。
最初は荒い音だったが、数時間通電で 少し繊細さも出てきた。
オペアンプAD8066挿してるが、それにしてはかなり元気のいい音がする。
使ってるゼンハイザのキャラ?特に低音の音圧が凄い。
Dsc_1100

2006年3月 4日 (土)

RE:3+1 in 1

タカチYM-400に、1)NOSDAC2 2)DAC63S 3)TDA1541+お気楽ヘッドフォンアンプを組み入れて動作確認中。
何故か 3)TDA1541にノイズが乗ってしまう。最初はAD8066が死んだせいかと思っていたがNE5532でも同じ。ノイズよく聞くと、なにか一定のパターンを繰り返してるようだ。
2) + 3)だけの時はノイズなかったと思うので、1)のノイズを拾っているのだろうか・・

2006年3月 3日 (金)

タクミ商事

先日タクミ商事にAD8065/66注文・入金したのだが未到着。
連絡もないので確認したら、
「弊社は棚卸中で、受注・出荷作業が止まっております。
来週月曜日から通常業務に戻ります」だと。

・・・入金確認メールくらいくれてもいいんじゃないかい?

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »